2021年10月10日

ニュースキャンにおけるバッチフラワーレメディの表記名


 波動測定機器であるニュースキャンでは、自身に適合
するバッチフラワーレメディを知ることができる。以前
撮影した写真はピンボケしてしまったため、最近受けた
ときに改めて撮影し直した。
 ニュースキャンにおけるバッチフラワーレメディ表記
名は、通常の名称とは異なる場合があるため、管理者が
調べてわかる範囲で通常の名称へ変換してみた。

■ニュースキャンにおける表記名

2.369 チコリ              No.08 チコリー
2.369 GUEULE DE LOUP          No.14 ヘザー
2.416 リンドウ科の草          No.04 セントーリー
2.537 ホワイトチェスナット       No.35 ホワイトチェストナット
2.604 松                No.19 ラーチ No.24 パイン
2.646 カラスムギ            No.36 ワイルドオート
2.673 オリーブ             No.23 オリーブ
2.681 クルミ              No.33 ウォルナット
2.713 ロック・ローズ          No.26 ロックローズ
2.722 ヒース(スコットランドのヒース)  No.14 ヘザー
2.737 ホリー              No.15 ホリー
2.746 セラト              No.05 セラトー
2.749 アスペン             No.02 アスペン
2.755 キンミズヒキ           No.01 アグリモニー
2.774 スターオブベツレヘム       No.29 スターオブベツレヘム
2.780 ベニバスモモ           No.06 チェリープラム
2.794 クラブアップル          No.10 クラブアップル
2.795 クマツヅラ            No.31 バーベイン
2.800 オーク              No.22 オーク
2.802 ロックウォーター         No.27 ロックウォーター
2.847 ゲンチアナ(秋のゲンチアナ)    No.12 ゲンチアナ
2.864 ニレ               No.11 エルム
2.879 ムスタング            ?
2.889 CLEMATIS             No.09 クレマチス
2.915 レッドチェスナッツ        No.25 レッドチェストナット
2.918 ヴァイン             No.32 バイン
2.920 チェスナットバッド        No.07 チェストナットバッド
2.922 シデ(ウェイ=ブナノキまたはシデ) No.17 ホーンビーム
2.938 レスキュー
2.939 ホウセンカ            No.18 インパチェンス
2.948 ナツシロギク           ?
2.951 スイカズラ            No.16 ハニーサックル
2.992 ツメクサ             No.28 スクレランサス

 余談であるが、左の数値が低いほど適合性が高くなる。
前回摂取時にまったく効果を実感しなかったチコリーが
最も適合するというのが解せない。冷酷残忍で血も涙も
ない性格をしているから直せという意味なのだろうか。
 そもそも管理者の体にはバッチフラワーレメディ自体
があまり適合しないようで、イチゴを食べたり、サンゴ
(コーラル)のパワーストーンを身につけるほうがよほど
効果が高いことも同じくニュースキャンでわかっている。

■不確定、不明なものの抜粋

GUEULE DE LOUP         No.14 ヘザー
ヒース(スコットランドのヒース) No.14 ヘザー
松               No.19 ラーチ No.24 パイン


 「GUEULE DE LOUP」から「キンギョソウ」という名称に
たどり着き、さらにヘザーへたどり着くまでが非常に難儀
であった。かと思えば今度は「ヒース」という存在が混乱
をきたす。どちらも同じようにしか見えず、わからない。
 ただ「松」と表記されてしまってはどうしようもない。
ラーチは「ヨーロッパカラマツ」、パインは「ヨーロッパ
アカマツ」である。実際には管理者にとってどちらも効果
があったため、そのときの状況に応じて選択したい。

 今回ピンボケしないように撮影して新たに「ゲンチアナ
(秋のゲンチアナ)」の存在が判明し、「リンドウ科の草」
とは何なのかとなってしまった。突き止めるのに相当時間
がかかったが、セントーリーであると判明した。
 勘違いして実際にゲンチアナを摂取しても効果があった
のは、2つのチャクラ(第3、第4)に作用するからであろう。
セントーリーも実際に摂取してかなり効果があり、これも
2つのチャクラ(第1、第5)に作用するからと思われる。

ムスタング  ?
ナツシロギク ?


 「ムスタング」はもはや花として調べることすらできな
かった。「ナツシロギク」は花の見た目までわかっている
にも関わらず、照合していってもそれと似たような種類を
判別することはできなかった。

? No.03 ビーチ
? No.13 ゴース
? No.20 ミムラス
? No.21 マスタード
? No.30 スィートチェストナット
? No.34 ウォーターバイオレット
? No.37 ワイルドローズ
? No.38 ウィロー


 今回はレスキューレメディを除き表記上に出てきたのが
32種類で、残り6種類が出てこなかったということになる。
スィートチェストナットやワイルドローズはよほどの絶望
感を感じなければ出てこないのだろう。
 管理者にとって最も知りたいウォーターバイオレットや
ミムラスがわからずじまいである。表記上に出てこなかっ
たか、「ムスタング」「ナツシロギク」に相当して適合性
が低いということになってしまうが、本当かよ。
posted by darq_matter at 18:18| Comment(0) | バッチフラワーレメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

摂取したバッチフラワーレメディ_8回目


 8回目(2021/08)に摂取したバッチフラワーレメディは
下記の5種類である。前回からの継続は2種類で、新規が
2種類、再開が1種類である。

No.12 ゲンチアナ      励まし 12ヒーラーズ [再開]
No.18 インパチェンス    忍耐力 12ヒーラーズ [新規]
No.24 パイン        許し  セカンド19  [新規]
No.29 スターオブベツレヘム 癒し  セカンド19  [継続]
    レスキューナイト              [継続]

■選択理由

 今回12ヒーラーズから選択したのはゲンチアナとイン
パチェンスである。ゲンチアナはニュースキャンで管理
者に最も適合すると判定された種類である。前回効果を
実感できなかったチコリーの代替として入れた。
 インパチェンスは時間をゆっくりに感じることで作業
効率がよくなるということで、時間を有効利用できない
ことに対する自分へのいら立ちに対処するために選択し
た。

 パインはホリーと対極にある種類と言われているが、
ホリーで外への怒りに対処した後、次に出てくる自分へ
の怒りやふがいなさに対処するために選択した。前述の
インパチェンスで失敗しても気にしないためでもある。
 スターオブベツレヘムはすぐに効果を実感できなくて
もトラウマなど大小問わず人はいくつも抱えているもの
であるし、それらをいやすことによって、ほかの種類の
効果も違ってくるということで継続することにしている。

■効果

 いつもながら現在摂取している種類の効果を実感する
より、前月摂取していたものをやめたときにわかるもの
である。今回管理者の生命線ともいえるホリーとクラブ
アップルを同時に外したのはやりすぎであった。
 今回は新型コロナウイルスのワクチン接種者からまき
散らされるスパイクたんぱく質が本格化してきた時期で
あるため、慢性的な体調不良が続き、帯状疱疹ぽいのも
発現した。上記を外さなければ、まだ違っていただろう。

 こういう外部からの脅威にさらされているときに好転
反応も出てくるものである。再開したゲンチアナがまた
好転反応からやり直しとなり、ある程度元の感情に回復
してきたのが使い切る直前だというから困りものである。
 インパチェンスでも出ていたのかわからないが、最初
のころは時間をゆっくりに感じるどころか、大してもの
ごとが進んでいないのに時間を早く感じることがあった。
しかし、その後時間をゆっくりに感じることはなかった。

 今回は時間を有効活用できなかったとしても自責の念
をそれほど感じることはなかったため、パインは効果が
あったと考えている。スターオブベツレヘムはなかなか
効果を実感しないが今後も引き続き摂取することとする。
 今回の期間中にCS60を受けてきたが、肝臓がある位置
に当てられると激痛であった。これは、怒りをため込ん
でいることの証左であるため、ホリーとクラブアップル
を外した影響ははっきり出ていたのである。

 おかしい。体と精神だけを見れば、以前より相対的に
進化しているのは確実であるが、それ以上に、外部から
の脅威があまりにもひどすぎないか? ほんとどこまでも
くだらない現実を見せつけてくるよな、この世界は。
posted by darq_matter at 12:20| Comment(0) | バッチフラワーレメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

新型コロナワクチン非接種者がとるべき対策


 新型コロナウイルスのワクチンを接種してしまった者
たちは放っておいて、ちゃんと情報収集して避けるべく
して避けた者たちも、何となく嫌な予感がして避けた者
たちも、同じように対策をとらなければならない。

■現状認識

 ワクチンを接種すると、永遠にスパイクたんぱく質を
まき散らす体になり、さらにコロナの変異種まで生じる
と言われている。単に「ワクチンを接種しない」という
対策だけでは不十分なのである。
 何も知らない大多数の者たちは、コロナが早く終わっ
てほしいとか、人に迷惑をかけたくないとか考えて接種
したのだろうが、コロナはますます蔓延し、人に迷惑を
かけまくるという逆の結果となる皮肉である。

 非接種者でもこういう情報を知らないでいると、本当
にコロナに感染したり、スパイクたんぱく質による体調
不良からインチキPCR検査を受けてしまい、コロナ感染
者に仕立て上げられてしまうことにもなりかねない。
 当然、ワクチンを接種してしまうような何も知らない
連中から見れば、「それ見たことか」という印象になる
だろう。自身の体を守るだけでなく、接種者からのこの
手のくだらん声も封じ込める必要がある。

■共通対策

 コロナにしてもスパイクたんぱく質にしても、真っ先
にとるべき共通の対策は5Gである。5Gの超有害電磁波に
24時間常時当てられたのでは、体調不良になったときに
治らないどころかよけいに重症化しかねないのである。
 それに、5Gが吹いている以上、別にコロナやスパイク
たんぱく質に限らないのである。ただの風邪であろうが
インフルエンザであろうが、治らないどころか重症化し
かねない点は同じなのである。

 余談であるが、コロナが発生した直後から自称覚醒者
が大量に現れ、ツイッターで「コロナは茶番」「コロナ
は嘘」と四六時中つぶやいている。はっきり言って迷惑
千万である。
 上記の5Gの状況を考えれば、コロナの存在有無の真相
を突き止めることなど無意味なのである。そして、いつ
までもコロナの真相に固執して5Gの危険性に言及せず、
5Gの危険性の声がかすんですらいるありさまなのである。

 5G対策は、電磁波対策用ペンダントの常時着用である。
なお、5Gは有害度が突出しているが、5Gに限らず、3G、
LTE、Wi-Fi、スマートメーターも十分に有害であるから、
5Gエリア外であっても対策はしておくべきであろう。
 管理者はカーボンマイクロコイルを常時着用している。
また、アーススタビライザーをブレーカーに貼り付け、
就寝時はパソコン、携帯電話、Wi-Fiルーターの電源を
切り、不要なコンセントを抜くなどして徹底している。

■スパイクたんぱく質対策

 スパイクたんぱく質用のレメディを下記サイトで購入
することができる。ついでに言うと、ワクチン解毒用の
レメディもここで購入することができる。砂糖玉と液体
の違いがあるが、好きなほうを選べばよいと思う。
 特に、スパイクたんぱく質は卵巣にたまるという性質
があるらしく、接種者のみならず非接種者も不正出血を
起こしたという内容もツイッターでよく見かける。無策
のままでは本当にマズいのではと思っている。

https://hometama.com/
https://stream.homoeopathy.ac/live/HowToCorona/

 また余談であるが、ワクチンを解毒するには松葉茶や
タンポポ茶とかいう話をよく聞くが、所詮は気休め程度
にしかならないだろう。非接種者にとっては所詮ひと事
であり、本気度のなさが丸出しなのである。
 まして、自称愛だけで回る社会を目指す某団体サマが、
代替医療や専用レメディに言及せず、食べ物による対処
法しか発信しないとは片腹痛い。それとも、その領域に
言及してはいけない規約でもあの組織にはあるのカナ?

■コロナ対策

 上記の5G対策をして初めて、平塚正幸氏の言うとおり
「コロナはただの風邪」になるのである。そこから先の
対策は、各自で考えてもらうだけで十分である。一応、
上記サイトでコロナ用レメディも購入することができる。
 間違ってもワクチン接種者が主作用で解熱剤を使うの
と同じような西洋医学的な対処をしてはいけないという
点だけ気をつければよいと思う。自身の自然の免疫力を
信じればよいと考えている。

■まとめ

 ワクチン接種者からコロナの変異種が生じることは、
スペイン風邪という歴史から学ぶことができるので想定
内であるが、スパイクたんぱく質については、ほとんど
の陰謀追究者にとって想定外であったのではないか?
 こういうところはディープステート(影の政府)のほう
が1枚も2枚も上手(うわて)であると思ったよ。世の中は
見事に分断されているし、人口削減もワクチンで一気に
加速し、その数は3.11時をも上回っている。

 ワクチン接種者は自分の行いを正当化したいだろうし、
この手の話は受け入れられないだろうし、そもそも理解
できないだろう。別にそれでも構わないし、以前言った
ように、管理者は接種者を救う気などさらさらない。
 いくら工作員が策を弄して批判しようとも関係ない。
「四の五の言わず何本でも接種して安全性を実証しろ」
がすべての答えである。非接種者が接種者からくだらん
非難を受けないように助けになれればそれでいい。

https://twitter.com/cdcreationinc1/status/1433751994196365313
https://twitter.com/masatakatze/status/1434147421496377349
posted by darq_matter at 16:55| 陰謀追究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

摂取したバッチフラワーレメディ_7回目


 7回目(2021/07)に摂取したバッチフラワーレメディは
下記の6種類である。前回からの継続は4種類で、新規が
2種類である。

No.06 チェリープラム    自制心 セカンド19  [継続]
No.08 チコリー       手放す 12ヒーラーズ [新規]
No.10 クラブアップル    清浄  セカンド19  [継続]
No.15 ホリー        好意  セカンド19  [継続]
No.29 スターオブベツレヘム 癒し  セカンド19  [新規]
    レスキューナイト              [継続]

■選択理由

 今回12ヒーラーズから選択したのはチコリーである。
自身の生年月日のホロスコープに入っている種類である。
ニュースキャンで管理者に適合すると判定された種類の
上位に入っていたからである。
 また、以前にNES Healthですい臓が悪い、すなわち人
に愛されている実感がないと判定され、甘党でもあると
いう事実もあるため、その点も変化があるのかどうかを
確認するべく選択した。

 前回に引き続き、ダイエットに用いられる組み合わせ
であるクラブアップルとチェリープラムを選択している。
前回は好転反応だけで終わってしまったが、今回は上記
のチコリーも加わったため、どうなるか確認したい。
 バッチフラワーレメディの中で唯一過去の感情に作用
する、すなわちトラウマをいやすと言われているスター
オブベツレヘムを選択した。これを摂取するかどうかで
ほかの種類の効果も違ってくるという話も聞いている。

■効果

 チコリーについては、今回好転反応もなければ効果が
あったという実感がまるでなかった。すでにNES Health
のときに塩水レメディで処置したからなのか、それとも
問題がもっと根深くて効果がないのかがわからない。
 本来であれば、もっと継続して摂取する必要があるの
かもしれないが、今回限りで外すことにした。そのうち
ニュースキャンを再び受けたとき、自分に適合する種類
が変わっている可能性もあるので、その後に判断をする。

 チェリープラムの好転反応は前回だけにとどまらず、
今回も最後まで出ていた。とてもダイエットどころでは
ない。それだけ抑圧してきたものが多すぎて、いまだに
出し切れていなかったということであろう。
 また、今回ゲンチアナを外したことで久しぶりに活力
系の種類がない状態であるうえに、テストステロン値も
下がっていることが拍車をかけていたため、常に活力が
ない状態であった。

 スターオブベツレヘムは、強いトラウマを抱えている
と、フラッシュバックしたり、悪夢にうなされるという
好転反応が出るようであるが、今のところそういう症状
は出ていない。
 しかし、トラウマなど人間は大なり小なり抱えている
ものであり、かなり長期間摂取するものであると聞いて
いるし、知らぬ間にトラウマがいやされている可能性も
ある。効果を実感しなくても継続が必要と考えている。
posted by darq_matter at 19:23| Comment(0) | バッチフラワーレメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

新型コロナワクチンに対する見解


 ここ数年、陰謀追究界わいを見てきた者として、新型
コロナウイルスのワクチンに関する見解を述べておくと
する。
 結論から言えば、管理者は絶対に接種することはない
が、さりとて他者が接種することを断固阻止するという
つもりはみじんもない。

■バカにつける薬

 管理者から見たら、コロナワクチンとは「開発に成功
した唯一の『バカにつける薬』」なのである。その意味
がお分かりだろうか? バカを直すために差し出す代償は
ひとつしかあるまい。
 別にビル・ゲイツがどうとか陰謀論の話を抜きにして
も、過去数十年だけでも薬害事件で何が起きていたのか、
歴史に学ばない愚者はそんなことにも思考が及ばないの
である。その事件が現在進行中であることもわかるまい。

 そもそもコロナ自体が風邪以上インフルエンザ未満の
毒性しかなく5Gとの複合攻撃をしているか、コロナすら
存在せず5Gだけで攻撃しているとも言われている。本来
なら5G対策さえしてしまえばほぼ終わりな話である。
 ワクチンにはコロナ防止効果などなく、聞き慣れない
「副反応」という名の「主作用」が存在するだけのただ
の毒である。1度接種したが最期、2度と元の体には戻ら
ず、永遠にスパイクたんぱく質をまき散らす体になる。

■論理的思考力がないだけ

 この手の話になると、「ワクチンが危険であるという
証拠を出せ」と言われかねないが、その口車に乗ること
はない。それを言う彼らには、ワクチンが安全であると
いう証拠を出せるのだろうか?
 ワクチンが危険である証拠を示さないことは、それが
安全であることの証明にはならない。その逆もしかりで
ある。なぜ彼らは、ワクチンが危険であるという主張を
デマであると一方的に決めつけるのか、理解に苦しむ。

 ワクチンが危険である証拠をかき集めてくることは、
やろうと思えばできるのかもしれない。しかし、そんな
ことに労力を費やしたくない。しかもそれを集めて理路
整然と説明することにまで労力がかかるのである。
 それをすることによって守られるかもしれない者たち
に、人としての価値を見出せないのである。別に止めは
しない。四の五の言わずに10本でも20本でもワクチンを
接種し、己の体でワクチンの安全性を実証すればよい。

■不遜に生きてきた人生のツケ

 ワクチン接種によって命を落としたり重症化したりし
ても、それは、今まで社会問題にも無関心で陰謀論にも
踏み込まないといった、不遜に生きてきた人生のツケで
あるという以外の何ものでもないのである。
 この薬害は、西洋医学では絶対に治せないだろうし、
可能性があるとすれば、代替医療を使うか専用レメディ
を摂取するということになる。しかし、そんな不遜な者
たちがこの領域を信じられるとは到底思えない。

 それを信じられるのであれば、初めからワクチンなど
接種しないのである。ワクチン接種で自分だけが薬害に
苦しむならともかく、スパイクたんぱく質をまき散らし
て非接種者にまで迷惑をかける体になっているのである。
 そのため、代替医療に治す可能性があるにも関わらず、
そういうサロンはすでに接種者を閉め出しているところ
もある。今後、その流れは業界全体へ波及していくこと
になる。ますます接種者は治す道を断たれることになる。

■まとめ

 管理者は、ワクチンが危険であるという認識であるが、
それを証明する証拠を集めておらず、それを集めること
に労力を費やそうとも思わない。ゆえに、接種しようと
する者たちを阻止できないし、しようとも思わない。
 管理者は、ワクチンを接種しないことによってコロナ
が恐れるほどのものではないことを実証するし、接種者
は、今後何本でもワクチンを接種して己の体でワクチン
の安全性を実証すればよい。

 これまで、自己責任の名のもとにこういう聞き分けの
いい人間を世の中は求めてきたではないか。その結果が
どうなろうと今回はこれに徹することにしている。こう
いうところは、管理者はどこまでも冷酷残忍である。
 本当に阻止する気がないのであれば、そもそもこんな
記事を書く必要がないとか言われそうであるが、勘違い
してはいけない。ブログとは、自己満足で書くものでも
あるということを忘れてはならない。
posted by darq_matter at 13:30| 陰謀追究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする