2023年01月03日

協調性という言葉の欺瞞(ぎまん)


 前回、会社の飲み会を批判する記事の最後に「誤った
協調性」という表現を用いた。管理者を含め、飲み会を
嫌うような層は、同時に協調性という言葉も聞くだけで
虫唾が走るレベルで嫌っているだろう。
 子供のころの学校の通信簿にも必ず出てくるこの協調
性という言葉は、なぜ協「調」性なのか、なぜ協「力」
性と呼ばないのか、そういう観点から、この言葉の欺瞞
(ぎまん)をあぶり出していこうと思う。

■協調性の本来の意味

 協調性の本来の意味は「利害の一致『しない』者同士
が『お互い』に歩み寄ること」である。強調したように、
双方向なのである。しかし現実はどうだ? 連中が自分に
歩み寄ったことなど、ただの1度たりともないだろう。
 連中の価値観は絶対に動かない。現実は少数派が多数
派に、頭のいい人たちが頭の悪い連中に、「一方的に」
合わせる性質になり下がっているのである。これは協調
性ではなく同調性である。

 学校の通信簿についても、周囲に合わせてやっている
という「実際の結果」ではなく、周囲に合わせてやって
いるという「その態度」で評価している教師が圧倒的に
多数である。
 そんな体たらくで、教職に携わる連中の永遠のテーマ
であるいじめ問題を撲滅できるとでも本気で思っている
のだろうか? そもそも、いじめは集団主義が原因である
と端的に言える教師がどれほどいるだろうか?

■協調性がないのはそのとおり

 こういう協調性という言葉の欺瞞がわかっていたから
といって、自分に協調性がないのはそのとおりであるし、
そのことについて恥じるつもりもさらさらないのである。
なぜなら、その同調する事象に価値がないからである。
 連中が同調を求めてくるその事象は、例外なく論理的、
道理的に間違っているからである。まして、非国民など
と攻め立てるほどの事象が正しかったことなど、歴史上
ただの1度たりともないのである。

 個人主義者に多いが、この手の問題に悩まされ、とき
には歴史に学ぶことをした経験のある者であれば、事象
を多数決で判断することはない。あくまで論理的、道理
的な観点から判断しているのである。逆張りとは違う。

■新型コロナワクチンの強要という例

 まさに現在進行形である、新型コロナワクチンの強要
こそが最たる例である。そもそも、新型コロナワクチン
の化学的な視点だけでも、インフルエンザワクチンとは
比較にならない、数年後の生死を分かつほどの毒である。
 まして、そういう情報を調べもせず、2021年から開始
している尋常でない超過死亡の事実も知らず、何年も前
から政府が大本営と化している事実も知らず、その政府
の言うことをうのみにして、強要してきているのである。

 しかも「思いやりワクチン」などというくだらん言葉
まで使っているのである。連中が自分に対して思いやり
をかけたことなど、ただの1度たりともない。その言葉
が響くとでも本気で思っているのだろうか?
 結果、接種者はスパイクたんぱく質やコロナ変異種を
放出して逆に周囲に迷惑をかける体となり、非接種者は
以前と変わらない。表面上の態度を優先することの愚か
しさの最たる例である。世の中、結果がすべてなのだよ。

■まとめ

 筋金入りの個人主義者にとっては、上記の内容など今
さら感であるほど過去の経験で幾度となく見てきたこと
であり、ときには哲学などに情報を求めて歴史に学んで
きたことである。何もコロナ騒動が特別なわけではない。
 個人主義者は、自分が個人主義であることを自覚して
歴史にも学んでいるが、集団主義者は、元より集団主義、
個人主義という概念すらなく、ゆえに歴史に学ぶという
境地にもたどり着けない。

 今はディープステート(影の政府)との見えない戦争の
最中である。見えない分、終戦したら突然に集団主義者
は経験にすら学べない愚者であったことが確定し、その
称号が(残り短い)生涯つきまとうことになるのである。
 自覚、無自覚に関わらず、集団主義者であり、周囲に
実害を及ぼすことは、それほど罪深いことであるという
現実をこれから突きつけられることになる。そして、今
さらそれを悔い改める時間はもうないのである。
posted by darq_matter at 18:31| Comment(0) | 個人主義と集団主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月30日

ゴッドクリーナーでより効果的に排毒する方法


 以前、管理者はゴッドクリーナー(ゴールド)を定期的
に受けていること、5G対策や新型コロナウイルス対策を
目的としていること、効果も実感していることを解説し
た。そして、現在も継続している。
 今回は、ゴッドクリーナーを受けるにあたり、自分が
試した中で、こうすればより効果的に排毒できるのでは
ないかと考えている方法と、その原理について解説して
いく。

■精神、魂のケアも同時に実施

 ゴッドクリーナー単体では、あくまで肉体のケアしか
実施していない。それに加えて、精神、魂のケアも同時
に実施するということである。別の言い方ではインナー
チャイルド、カルマのケアである。
 精神、魂ということは、つまり潜在意識の問題であり、
恒常性の維持(ホメオスタシス)が働いているということ
である。ここでは、自分が抱える何かしらの負の感情を
維持し続けようと働いているのである。

 それにはその負の感情を維持し続けるのにふさわしい
毒を癒着(ゆちゃく)させるのである。ゴッドクリーナー
単体では、遊離している毒を排出することはできても、
癒着した毒の排出まではなかなか回らないのである。
 癒着した毒の一部が遊離し、それをゴッドクリーナー
で排出すれば、それが精神、魂のケアに寄与することも
あるかもしれないが、たいていは生活していく中で再び
その毒が癒着してしまうのである。

 つまり、精神、魂のケアによってこれまでの癒着して
いた毒が遊離したところをゴッドクリーナーで排出し、
その後も再びその毒が癒着しないようにすることが必要
となってくるのである。
 精神、魂のケアは、当ブログでは何度か紹介している
ように各種波動測定機器やホメオパシーなどを利用する
ことである。勉強していく中で、これまでにない視点を
得て思考をパラダイムシフトするのもよいだろう。

■適切なサロンの選択

 地域によってはゴッドクリーナーを扱っているサロン
が少なく、選択の余地がない場合もあるかもしれないが、
そうでなければ、適切なサロンを選択するということも
重要である。
 できれば波動を扱っていたり、電磁波対策を実施して
いるところが望ましく、そういうサロンは居心地がよい
と必然的に感じるものである。自分の直観に従って選択
し、よりよいサロンで継続すればよいだろう。

■グルタチオンの利用

 グルタチオンは、細胞内の毒を細胞外へ排出する働き
がある。方法はグルタチオンパッチ、グルタチオン点滴、
レメディの中にもグルタチオン用のものがあったと思う
が、何でもいいだろう。
 細胞外へ排出された毒を、次は水分を摂取したり適度
な運動をしたりして体外へ排出する必要があるが、そこ
でゴッドクリーナーの助けも借りて体外への排出を円滑
に実施するというものである。

■まとめ

 以上が、自分がゴッドクリーナー単体で実施していた
ときよりも排毒するようになった方法である。やはり、
物理層にしか対応しない方法より、波動に関わるものを
取り入れる方法のほうが寄与度が高いと思われる。
 また、仮に精神、魂のケアがゴッドクリーナーによる
排毒に寄与しなかったとしても、排毒はあくまで副次的
な効果であり、精神、魂のケア自体もまた主目的である
ため、それをやめる必要はないのである。

 余談であるが、ゴッドクリーナー単体でもうさん臭さ
を感じるのに、波動の話まで重ねられてよけいにうさん
臭さを感じるという層もいるのだろうし、そういう層の
ほうが新型コロナワクチンの接種率は確実に高いだろう。
 そういう層が仮にゴッドクリーナーを受けたとしても、
古典的な物理学しか信じないというその確固たる信念が
潜在意識として働いてしまうため、効果はきわめて薄い
ことは想像に難(かた)くない。

 それでも一応はゴッドクリーナーがワクチンの排毒に
寄与することは、調べれば実例は出てくるものである。
接種したというだけでも非接種者より不利な状況なのに、
排毒しないでいるとさらに絶望的な差となるわけである。
 以前も言ったように、接種者は不遜に生きてきた人生
のツケをかぶっているのである。この先はこういう最期
のチャンスすらどうせ棒に振ると思っている。管理者は
その様子を高みの見物をすることに決めている。
posted by darq_matter at 19:14| Comment(0) | ゴッドクリーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月18日

コロナ禍で淘汰された会社の飲み会


 当サイトを訪れるのは、管理者と同様に氷河期世代、
またはそれに近い世代、早期リタイア(を目指す)界わい
にいた名残でふだんから節約と資産運用をしている層と
いったところと思われる。
 そういう層からすれば、会社の飲み会など以前と変わ
らず金も時間も精神も浪費する絶対悪と言わんばかりの
ものであろう。なぜ会社の飲み会をそれほど毛嫌いする
のか、改めて考えてみることにする。

■出欠確認

 飲み会を開催するにあたり、事前に出欠確認を取り、
日程を決定するわけであるが、エクセルなどで作成した
その一覧表の最終列になぜか「備考」が設けられている
のである。
 そんなものが設けられているというその事実だけでも
すでにウンザリである。欠席する場合に理由を記述する
ためのものとして設けたのだろうが、おめおめと理由を
記述する気の小さい者たちもまた嘲笑ものなのである。

 職場によっては欠席と回答した者たちに対して幹事が
わざわざ直接理由を聞きに回るというケースも話に聞く。
そのケースに対する切り返しは「出席『する』人たちに
直接理由を聞いて回らないのですか」とでもすればよい。
 「マジョリティ(多数派)の無自覚なごう慢さ」の典型
例であり、個人主義者は日常生活で常に気をつけている
部分である。新型コロナワクチンを接種しないのも同じ
理屈であり、多数派は常に誤った選択をするものである。

■まずい、高い、体に悪い酒という飲み物

 単純に酒という飲み物をちっともうまいものだと思わ
ない。そこに回す金で、うまい食べ物のほうを食べたい
のである。おまけに体に悪いとまで来たもので、どこに
メリットがあるのかがさっぱりわからない。
 ビールは苦さを超えたところにうまさを感じるように
なると言われるが、管理者は苦いままで止まってそれを
超えようとも思わないまま20年以上が経過した。やはり
今後も超える必要性を感じない。

 これが20年前だと、「とりあえずビール」などという
のが平然とまかり通っていたが、さすがに現代ではなく
なっただけマシであろう。もっとも、昔であろうが自分
が飲みたくないものは注文しなかったものである。
 管理者は、「ビールをうまいと感じて飲めれば大人」
などというくだらん価値観に合わせるような性格はして
いないし、ブラックコーヒーやお茶すら飲まないタイプ
である。飲みたくないものは飲まない、それだけである。

■食べ物を残すのが当然という風潮

 食べ物を残して平然としている光景を見るのも、耐え
難いものである。あれも、何度も飲み会へ出席してその
光景を見ているうちに「飲み会とはそういうもんだ」と
いう感覚に陥って麻痺しているのだろう。
 管理者は食べ物の好き嫌いは多いほうであるが、自分
がよっぽど嫌いか食べられないもの以外は完食すること
は心がけている。しかし、連中は好き嫌いすら関係なく、
完食しようという気すら感じられないのである。

 陰謀追究の世界だけでなく、すでに「表」の世界でも
食糧難が来ると言われている一方、こうやって大量生産
と大量廃棄を行っている現実がある。そういう社会問題
にも無頓着であることがかいま見えるのである。

■つまらない話題

 今でこそ人の趣味が多様化した時代だから話題が偏ら
ないものの、管理者が社会人になりたての頃は男の話題
などすべてと言っていいくらい車か音楽の話題に偏って
いたものである。どちらも興味がないのである。
 管理者にとっては、車など移動手段というだけの存在
にすぎず、極力運転したくないとすら思っている。当時
の音楽など、どこかバブルの残り香がただようお花畑な
ものばかりであったであろう。

 日本の今は、WOW WOW WOW WOWとはほど遠いよなぁ?

■声を張り上げなければならないわずらわしさ

 人は酒が入るとふだんより声が大きくなり、居酒屋の
内部構造によってはほかの客からの声も加わりうるささ
に拍車がかかる。そんな中で会話をしなければならない
ので声を張り上げなければならなず、わずらわしい。
 あの場に順応し、しかもふだんではしないような超絶
でかい声でのバカ笑いができる神経をみじんも理解でき
ない。飲み会を嫌う人たちが共通して思っていると思わ
れるが、動物園のサルそのものである。

■コロナ禍で淘汰された飲み会

 そんなわずらわしい飲み会もコロナ禍できれいに淘汰
されたわけであり、清々している者も多いだろう。別に
コロナ単独では大した脅威ではないと気づいている者に
とっては、むしろコロナ様様であろう。
 これまで飲み会の場でバカ騒ぎをしてきたことを反省
する連中がどの程度いるかはわからないが、仮にコロナ
禍が明けたとしても、これまでの飲み会は不要であった
として、実施しないとする動きも出てくるだろう。

 そちらのほうが今後の潮流であり、それを理解できず
社員に無駄な負担を強いる飲み会を復活させたり、オン
ライン飲み会などというこざかしいことをしていると、
その組織や会社は世の中から淘汰されることとなる。

■まとめ

 管理者はコロナ単独では大した脅威ではないと感じて
いる以上、飲み会の出欠をコロナで判断することはない。
昔から一貫して、出席したくなければ出席しない、それ
だけの話である。
 たかが飲み会ではない。飲み会ひとつとっても、そこ
から社会問題をかいま見ることができるのである。誤っ
た協調性で他者を不快にし、そのことに無自覚な連中は、
今後の新時代では淘汰されていくこととなる。
posted by darq_matter at 21:27| Comment(0) | 個人主義と集団主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月03日

摂取したバッチフラワーレメディ_23回目


 23回目(2022/11)に摂取したバッチフラワーレメディ
は下記のとおりとなった。矢印は前回との比較を表す。

No.04 セントーリー      自己主張  3) A) 
No.10 クラブアップル     清浄    2) C)   ↑
No.24 パイン         許し    2) C)  ↑
No.29 スターオブベツレヘム  癒し    2) C)   
No.35 ホワイトチェストナット 静謐    1) C) 
No.36 ワイルドオート     自己の適正 5) B) 
No.13 ゴース         希望    5) B) 
No.37 ワイルドローズ     情熱    1) C) 


1)現実への無関心   :1 ↓
2)失望と絶望     :3 ↑
3)人や周囲に敏感すぎる:1
5)内心の不確かさ   :1 ↓

A)12ヒーラーズ:1   (火星 木星 土星)
B)7ヘルパーズ :1 ↓
C)セカンド19 :4 ↑

第7チャクラ:1
第6チャクラ:1
第5チャクラ:1
第4チャクラ:1 ↓
第3チャクラ:2 ↑
第2チャクラ:1 ↑
第1チャクラ:1

■選択理由

 前回は虚無主義、学習性無力感という2つの「無」に
取り組む組み合わせであったが、スターオブベツレヘム
の効果も相まって嫌な記憶が掘り起こされることに苦痛
を覚えたため、ゴースとワイルドローズを外した。
 管理者にとってニュースキャンで調べた適合性が高く、
長期的に取り組むと決めているセントーリーとワイルド
オートのほうを残し、クラブアップルとパインを新たに
選択した。

 これらは以前記事に書いた、自己肯定感の低さへ取り
組むための組み合わせとなる。数ヶ月ほどどちらも摂取
しておらず、自己肯定感が下がり気味であったところで
上記の取り組みをして拍車がかかった感もあるのである。
 クラブアップルとパインのどちらが自己肯定感に効く
のかは人によるらしく、両方摂取しておけば確実なよう
である。管理者にとってニュースキャンで調べた適合性
はクラブアップルよりパインのほうが高い。

■効果

 狙いどおり、自己肯定感の低さは2〜3日もしないうち
に緩和され、それから本日まで穏やかな気分で過ごせた。
クラブアップルとパインという線だけではなく、クラブ
アップルとセントーリーという線も効いていたのだろう。
 好転反応の元のひとつとなるゴースとワイルドローズ
の組み合わせをやめただけでなく、「気血水」の血と水、
すなわち物理層の取り組みを開始したことにより、好転
反応を流すことができているのもあると思われる。

 物理層への取り組みを継続できているのも自己肯定感
を維持しているためであり、これが何とかなっている間
に、自己効力感を高めていきたいものである。これ以上
言うことはなく、当面この組み合わせで行くのみである。
posted by darq_matter at 14:27| Comment(0) | バッチフラワーレメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月20日

「暴動を起こさない不思議」と言うことの愚かしさ


 陰謀追究者や自称人権左翼の連中がまれにツイッター
で「この国ではこれだけの悪政をされているにも関わら
ず国民が暴動を起こさないことが不思議である」という
旨の内容を投稿することがある。
 ツイッターだけでなく、管理者が現実に関わりのある
人脈の中でもこれを主張している者を見たことがあるが、
これがいかに愚かしくクソの役にも立たない主張である
かを説明していく。

■お前も暴動を起こさない大勢のうちのひとり

 「お前も暴動を起こさない(起こせない)大勢のうちの
ひとりだろうが」という事実につきるのである。暴動と
まではいかなくても、現実の政治活動か社会活動に率先
して参加しているとも思えない。
 仮に暴動が起きたとしても、そいつはどうせ暴動には
参加せず、高みの見物を決め込むことまで透けて見える
のである。そして、そんな愚かなツイートにリツイート
や「いいね」をつける周辺もまた愚かしいのである。

 それに、「不思議」という感想を抱くのも愚かしい。
日本人の集団主義という性質、それがすべての社会問題
へ通じていることを、多かれ少なかれこの連中は学んで
いるはずである。
 よって、不思議でも何でもなく必然の結果であること
はわかっているはずである。単に以前からそういう言い
回しが使用されてきたから、同様にそのときも使用して
いるのだろう。

■いずれにしても愚かしいということ

 このような主張をする理由のひとつとして、「暴動を
起こさない大勢のうちのひとり」であることに無自覚で
あることである。「不思議」という感想を抱くのも前述
のとおりであり、脊髄反射しているだけである。
 理由のもうひとつとして、実はすべてわかったうえで
自分のツイートを周囲の愚かしい者たちにリツーイトや
「いいね」を大量にさせるために、わざとやっていると
いう点である。

 後者のほうがタチが悪いのは言うまでもないが、この
「暴動を起こさない不思議」ツイートだけでなく、この
連中が発する安っぽい内容のツイートが、自身のタイム
ラインに埋めつくされるのは迷惑甚だしいのである。
 この連中は大衆の愚かしさを理解したうえでしっかり
とライティング技術を駆使してツイートしているわけで
ある。この連中のくだらん承認欲求のせいで、変わった
視点を持つ貴重なツイートが埋もれてしまうのである。

 一例として、ツイートの始まりが「これはガチな話」
とか「ここだけの話」ばかりな奴の実に多いことである。
その始まりの言葉、まったくもって必要ないはずなのに
つけるのは、つまりそういうことである。
 「暴動を起こさない大勢のうちのひとり」であること
に無自覚である場合も愚かしく、すべてわかったうえで
わざとやっている場合もとっくに見透かされているので
愚かしく、いずれにしても愚かしいのである。

 管理者は、別に同じ界わいの連中であろうが、考えて
いるようで実は何も考えていないこういう連中とは馴れ
合うつもりもないし、世界が崩壊へ向かう中でこういう
くだらん連中と関わっている場合ではないのである。
posted by darq_matter at 20:17| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする