2018年02月11日

取引 日本株式 2018/02/07


■日本冶金工業(5480)

▽信売
 \
  \
   \
    −返買

信売 315*3,200
返買 330*3,200 -48,000
------------------------
信計     0 -48,000

 マイルールに従って逆指値を入れていたら
本日約定しました。

 好決算、上方修正、増配といった好材料の
オンパレードで、前日ほとんどの銘柄の株価
が下がっていた中での極めて少ない上がった
銘柄となりました。
 そして本日、相場の反発で損切りラインに
引っかかってしまいましたが、終わってみれ
ば結局株価が戻ってきているものだから本当
に頭にきます。


 05日の時点で相場は昨年末の水準まで戻っ
てきましたが、ここで踏みとどまれば、少し
脱線したにしろ、上昇トレンドの本線へ再び
戻ることができたことでしょう。
 出来高の高い価格帯のため、簡単には割れ
ないと思っていましたが、それもあっさりと
割れてしまい、本日大反発しても、結局前日
終値まで戻ってきてしまうありさまです。

 そして、明日には一目均衡表で三役逆転が
成立するでしょう。ここまで脱線してしまっ
たらもう本線には戻れず、そもそも本線自体
が下降トレンドに転換したと考えられます。
 ここからは大反発もあるでしょうが、それ
はボラティリティが高くなっているだけで、
これが徐々に低くなっていくと同時に、ダラ
下げが継続するのではないかと思います。
posted by dark_matter at 11:25| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

取引 日本株式 2018/02/06


■アダストリア(2685)

    ▽信売
   / \
  /   −現渡
 /
▲現買

前年 2,521*300 +11,900
現買 2,270*200
現売 2,393*200 - 5,600
---------------------------------
現計 2,421*300 + 6,300 -86,400

信売 2,393*200
現渡 2,393*200
------------------
信計     0 0

 現渡しました。

 現在の会社の状況からして、株価がはるか
下へいつ行ってもおかしくないため、返買で
利益確定するのではなく、現渡で現買の数量
を減らして現金を確保する道を選びました。
 そして、本日さっそく相場の影響で底割れ
し、さらに、近々権利落ちも控えています。
今後は最少の数量で慎重に現買ナンピンして
いきながら撤退のときを待とうと思います。

■SUBARU(7270)

    ▽信売
   / \
  /   −現渡
 /
▲現買

前年 3,558*100    0
現売 3,688*100 +13,000
------------------------
現計     0 +13,000

信売 3,688*100
現渡 3,688*100
------------------
信計     0 0

 現渡しました。

 管理する銘柄数を減らしたいのと、現金を
確保しておきたいということで、数量が最少
しかないこの銘柄は、決算発表を待たず現渡
で処分することとしました。
 本日の相場をもってしても、元本割れには
至らず、現買ナンピンで数量を増やすことも
できなさそうなため、ちょうどよかったです。


 さて、本日の日経平均はたったの1,071円
しか下げませんでしたが、ニュースを見ても
投資ブログを見ても、「暴落」という言葉が
使われています。
 管理者は、この程度下がったことのどこが
「暴落」なのかがまったくもって理解できま
せん。

 これまで日銀が散々ササエて明らかに異常
に肥大化した「砂上の楼閣」の、上のほうが
「ちょこっと」削れただけですよ? それでも
なお「超絶クソ高い」ですよ?
 これまで何度も言ってきたように、これは
「暴落」などではなく、本来あるべき姿への
「収束」であり、それが「ちょこっと」起き
ただけのことです。
posted by dark_matter at 00:10| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

取引 日本株式 2018/02/05


■ブロードリーフ(3673)

▽信売
 \
  \   −現渡
   \ /
    ▲現買


前年  933.34*7,900 0
現渡  799  * 900
信売 1,114  * 900
信売 1,112.37* 800
-----------------------------------
信計  982.39*8,700 0 -1,171,100

 マイルールに従って逆指値を入れていたら
本日約定しました。

 最悪の寄り底で信売を建ててしまいました。
ギャップダウンで始まったものの、上へ行き
たくてしょうがないという見苦しさが伝わっ
てきて気分が悪いです。
 決算発表までが長いですね。その間に相場
の吊り上げが再開してしまい、それから決算
発表を迎え、その内容に関わらず株価爆上げ
なんてことにならないのを祈るばかりです。

■日本電気(6701)

▽信売
 \
  \   −現売
   \ /
    ▲現買
     \
      −現渡


信売 3,285*300
--------------------------
信計 3,285*300 0 -3,000

 マイルールに従って逆指値を入れていたら
本日約定しました。

 年始からの株価水準さえ割高であると思っ
ていたのに、決算発表後にさらに割高となり、
エンベロープ上限付近まで上がってきたため、
信売を建てました。
 まだ株価が上がりきっていないのと、本日
の相場にも関わらずしぶとく維持しているの
を見ると、勝負をあせった感があり失敗した
かもしれません。

■アドヴァン(7463)

    −現売
   /
  /
 /
▲現買

前年  895*100 +79,700
現売 1,095*100 +20,000
------------------------
現計     0 +99,700

 マイルールに従って逆指値を入れていたら
本日約定しました。

 前回、信売→返買で利益を出すことに成功
し、返買時の株価を上回るところで本日現売
できたため、完全に成功した形で終えること
ができました。
 管理する銘柄数を減らしたいということで、
数量が最少しかないこの銘柄は処分し、ほか
の数量が多い銘柄で同様の取引を実施しよう
と考えています。


 社畜リーマンをやっている以上、ほぼ毎日
のように駅へ行くし電車にも乗るわけですが、
人「ゴミ」と吐き捨てるほど嫌うものをさら
に助長する光景があります。
 これも、すでに使い古された意見なのかも
しれませんが、そこにいる8〜9割程度の人間
が、さも当然のようにスマホをいじっている
ことです。

 直接的な迷惑になるわけではありませんが、
その光景が、管理者の目からはただただ異常
に映るわけです。その行動の背景にある思想
の気持ち悪さを感じ取ってしまうからです。
 こういうことを何の疑問も持たずにできて
しまう者たちが死ぬまで社畜を続けられるの
でしょうね。自分の中ではこれを異常と感じ
なくなったら終わりだと思っています。
posted by dark_matter at 00:15| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

取引 日本株式 2018/02/01


■三井住友フィナンシャルグループ(8316)

▽信売
 \
  \   −現渡
   \ 
    ▲現買

現買 5,067*200
--------------------------
現計 5,067*200 0 +2,700

前年 4,402.83*1,200     0
返買 5,182  *1,000 -870,500
信売 5,209  * 100
信売 5,243  * 100
---------------------------------------
信計 5,042.75* 400 -870,500 -66,100

 マイルールに従って逆指値を入れていたら
本日約定しました。

 直近の信売よりも株価が低くなった時点で
一応は現買の逆指値を入れていたわでですが、
オイオイ、前日あれだけ下がっておきながら、
こんな高いところで引っかかんじゃねぇよ。
 どうやら月の初日は前日より高くなる現象
が何ヶ月も続いているらしく、それに乗じて
仕掛ける連中が多かったらしい。せっかくの
下降トレンドに水を差すんじゃねぇよクソが。


 さて、今さらこんな当然のことを言うのも
自分としてはバカバカしいですが、この年末
年始もしっかりとサイレントテロをしました。
 せっかく手にしたボーナスを使わせようと
「世間様」はあの手この手で死の商人まがい
のことをしてくるわけですが、そんなものに
目をくれるはずがありません。

 それでも、多少はやむを得ず外へ出かける
こともあるわけですが、人ゴミがウザいです
ね。管理者から見れば、人「混み」ではなく
人「ゴミ」です。
 人ゴミを見るとマジで斬鉄剣がほしくなる
わ。そして、こういうのを見るたびつくづく
社畜リーマンをやっている自分が嫌になるわ。
posted by dark_matter at 22:30| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

資産状況 2018/01/31


■日本株式(現物)

銘柄           数量  取得単価 現在値 損益    損益(%)
7463 アドヴァン      100    895  1,080 +  18,500  +20.67
2685 アダストリア     500   2,421  2,329 -  46,600  - 3.80
1356 TPダブルインバース 4,350   2,689  2,327 -1,574,700  -13.46
9837 モリト        200   1,036   995 -  8,200  - 3.96
7270 SUBARU        100   3,558  3,618 +  6,000  + 1.69
9433 KDDI         300   2,809  2,753 -  16,800  - 1.99
2461 ファンコミ      500    911   885 -  13,000  - 2.85

    評価額    含み損益  含み損益(%)
01月   13,224,150 -1,634,200    -11.00
先月比 -  590,970 +1,236,610    + 6.20

■日本株式(信用)

銘柄        数量  建単価  現在値 損益    損益(%)
3673 ブロドリーフ 7,900  969.22  1,116 -1,185,701  -15.43
8316 三井住友    400 5,042.75  4,878 +  63,014  + 3.12
7270 SUBARU     100 3,688   3,618 +  6,760  + 1.83
2685 アダストリア  200 2,393   2,329 +  12,576  + 2.63
5480 冶金工    3,200  315    310 +  15,591  + 1.55

    建代金    含み損益  含み損益(%)
01月   11,529,400 -1,087,760    -9.41
先月比 - 5,707,900 +1,070,035    +3.07

■残高

    初期残高   現在残高  損益    確定損益
01月   17,000,000 15,131,543 -1,868,457 + 853,503
先月比 + 1,000,000       -1,414,218 -3,720,863

■外部環境

    日経平均  TOPIX   NYダウ
01月   23,098.29  1,836.71  26,149.39
先月比 +  333.35 +  19.15 + 1,430.17

 01月は、初日から根拠のない超絶吊り上げ
で始まり、その後は日銀にササエられ続けて
高止まりし、月末になってようやく失速する
という月になりました。
 序盤で一気に信売の含み損が膨らみ、耐え
切れず損切りし、相場がさらに吊り上がった
ところで信売を建てたり、相場に反して逆行
安となっている銘柄を少量だけ現買しました。

 どうせ損切りするなら昨年末までに実施し
ておくべきだったと後悔しました。これだけ
で100万くらいは違っていました。三井造船
は昨年末損切りしておいて正解でした。
 さっそく確定損益が-372万となってしまい、
今年これを解消するのはほぼ不可能でしょう。
元本割れが-187万、せいぜいこれを解消する
のがギリギリ現実的な線でしょう。

 まだベア型ETFやブロードリーフのような
銘柄の敗戦処理が続くでしょうし、確定損益
がさらにマイナスに膨らむでしょう。
 単純に通算確定損益だけを見るのではなく、
この敗戦処理による損失の拡大と、新手法で
あるループイフダン・改で得た利益を分けて
監視しておく必要があります。

 今年に関しては、後者でどれだけの利益を
上げられるのかを見て、それが及第点であれ
ばよしとします。平時であればそれと同等の
利益がその年には出せるわけですからね。
 もし確定損益を解消するなどという奇跡が
起きたら(それができるのならおそらく必然
の結果でしょうが)、むしろ、あと1〜2年で
早期リタイアしてもいいくらいです。

 さて、月末に日本もアメリカも、あらゆる
テクニカル指標が下降トレンドの入口を示唆
するようになりましたが、この状態が続いて
ほしいものです。
 いかに東芝化してササエられている相場と
いえども、上がり続ける相場などないという
ことがわかっただけでもほんの少しだけ安心
しました。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(2) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする