2017年01月02日

投資基本方針 2017


 2017年の(広義の)投資基本方針は、投機を
メインに実施していくこととします。
 投機の内容は、昨年と同様に、中期投資と
なります。この点は民主党政権時に近い相場
環境にならない限り、毎年変わりません。

 昨年までの段階で、継続的に利益を上げる
ための方法論も十分に詰めて、過去の塩漬け
銘柄もほぼ処分できたことから、その方法論
を十分に活用できる環境が整いました。
 その方法論で継続的に利益を上げられるの
はわかりますが、問題はどの程度上げられる
のか、早期リタイア達成のための速度として
適切なのかを見極めていく年となりそうです。

■資金管理

 ファンダメンタル、テクニカルを語る以前
に、資金管理が最も重要であることは、以前
説明しました。
 当ブログでは中期投資を実施していくため、
資産に占める通常の現物株式の割合を、相場
状況に合わせて常に一定の値に保つ、という
方法で実施します。

投資で最も重要なのは資金管理力
資金管理徹底による中期投資法

 通常の現物株式については、下記の比率で
実施することを考えています。早期リタイア
を目指す身ですので、下記の範囲に限定して
リスクを取っていかなければなりません。
 将来、十分な資産を形成できれば、下限を
10,000円にして5%刻みにする、相場に無関係
で常に株式比率を一定の値に保つ、などして
リスクを軽減できるようになるわけです。

日経平均 株式比率
 19,500   6.25%
 19,000  12.50%
 18,500  18.75%
 18,000  25.00%
 17,500  31.25%
 17,000  37.50%
 16,500  43.75%
 16,000  50.00%
 15,500  56.25%
 15,000  62.50%
 14,500  68.75%
 14,000  75.00%
 13,500  81.25%
 13,000  87.50%
 12,500  93.75%
 12,000  100.00%

 一方、相場が飽和状態となって株式比率が
少なくなり、配当収入が少なくなってしまう
と、どこかでいったん相場が暴落しない限り
利益を得る手段がなくなってしまいます。
 そこで、ベア型ETFの利用となるわけです。
これも通常の現物株式と同様、資産に占める
割合を管理して資金が枯渇しないようにして
いきます。

日経平均 ベア比率
 25,000  100.00%
 24,500  93.75%
 24,000  87.50%
 23,500  81.25%
 23,000  75.00%
 22,500  68.75%
 22,000  62.50%
 21,500  56.25%
 21,000  50.00%
 20,500  43.75%
 20,000  37.50%
 19,500  31.25%
 19,000  25.00%
 18,500  18.75%
 18,000  12.50%
 17,500   6.25%

■ファンダメンタル

 上記のとおり、資産に占める株式、ETFの
割合を徹底管理していれば、基本的に利益を
上げられるわけですが、購入したものに致命
的な問題がないことが前提となります。
 そこで、そういう銘柄をつかまないために
ファンダメンタル分析が必要になってきます。

中期投資銘柄スクリーニング条件
中期投資銘柄の選択条件を追加

 ここで、長期的に株価が上がり続け、増配
を続けるような大当たり銘柄を探すわけでは
なく、あくまで中期投資なので、一定条件で
単純スクリーニングすればよいと思います。
 そうして絞り込まれた銘柄に対して、

・ 利益剰余金<有利子負債となっていない
 か
・ 営業CFがマイナスとなっていないか
・ 配当性向に問題ないか

を確認し、問題ある銘柄を除外していけば、
中期投資する分には十分な銘柄だけが残ると
思います。

 また、ここで重要なのは、スクリーニング
条件を安易に変えないことです。相場が飽和
状態になると、当然、スクリーニング条件に
該当する銘柄は少なくなります。
 ここで条件を緩くしてその銘柄を購入して
は、当然高値つかみになります。条件に該当
する銘柄が少ないのは、その相場では購入は
控えるべきというシグナルだということです。

■テクニカル

 上記の資金管理とファンダメンタル分析が
あるだけでも利益を上げるには十分ではあり
ますが、一方的に下がり続ける相場であれば、
常に買い下がっていかなければなりません。
 できれば、相場が底に到達するまでの中間
で行われる売買を回避し、底に到達してから
一気に資金を投下したいところです。そこで
テクニカル分析も活用していきます。

落ちるナイフを安全につかむ方法
落ちるナイフをつかむ・零式
中期投資銘柄テクニカル分析
中期投資銘柄の選択条件を追加

 当ブログにおける中期投資銘柄の購入方法
は、資金管理を徹底しながら逆張りナンピン
で買い下がることです。
 ただし、購入の際に指値や成行を使ってい
たのでは、単なる「落ちるナイフをつかむ」
になってしまうため、逆指値による「落ちる
ナイフをつかむ・改」
「零式」を使います。

 それでも、相場が下がり続けている途中に
発生する、底に見せかけた「踊り場」で約定
してしまうことになるため、特に、価格帯別
出来高に注意を払う必要があります。
 ここまでやれば、ほぼ底で購入できる確率
は高くなるのではないかと思います。元より
資金管理こそを最優先としているため、失敗
しても大きな痛手にはならないと思います。

■まとめ

 相場で継続的に利益を上げるための方法論
もそろい、それを実行するための環境も整い
ました。
 早期リタイアというものが、決して夢物語
ではなく、実現可能な目標であることを証明
する重要な年となりそうです。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(2) | 投資基本方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

資産状況 2016/12/31


 2016/12/31の資産状況です。

■日本株式(現物)

銘柄           数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
9381 エーアイテイー    100    760  1,091 + 33,100 + 43.55
7628 オーハシテクニカ   100    680  1,407 + 72,700 +106.91
9651 日プロ        100    830   984 + 15,400 + 18.55
3366 一六堂       1,000    383   400 + 17,000 + 4.44
5809 タツタ線      2,900    404   455 +147,900 + 12.62
4750 ダイサン       100    616   693 + 7,700 + 12.50
5959 岡部         100    804   961 + 15,700 + 19.53
1356 TPダブルインバース 1,410   4,004  3,730 -386,340 - 6.84
2169 CDS          100    881   988 + 10,700 + 12.15
1345 上場Jリート      100   1,782  1,869 + 8,700 + 4.88

    評価額   含み損益 含み損益(%)
12月   7,778,100 - 57,440    -0.73
先月比 -1,745,400 -661,180    -7.50

■日本株式(信用)

銘柄    数量  建単価 現在値 損益   損益(%)
6502 東芝 5,000 459.02  283.1 +878,417  +38.25

    建代金   含み損益 含み損益(%)
12月   2,295,100 +878,417    +38.25
先月比 +2,295,100 +878,417    +38.25

■残高

    初期残高   現在残高  損益    確定損益
12月   15,000,000 21,470,333 +6,470,333 +5,649,356
先月比      0       + 824,730 + 607,493

■外部環境

    日経平均  TOPIX   NYダウ
12月   19,114.37  1,518.61  19,762.60
先月比 +  805.89 +  49.18 +  639.02

 12月は、アメリカ大統領選挙でトランプが
勝利したことによる期待感が継続し、相場は
さらに上へ行く結果となりました。
 しかし、さらなる上昇に入る前にほとんど
の銘柄は売り抜けてしまったため、その恩恵
を受けることはほとんどありませんでした。

 その数少ない銘柄を売り抜けることによっ
て、資産に占める通常の現物株式に割合が、
現在の相場における理想値にほぼ収束する形
となりました。
 これで、ようやくまともな資産状態で新年
を開始でき、あとは早期リタイアを達成する
まで、相場に応じてこの理想値を守り通して
資産を増やし続けるというだけです。

 前年比から見た資産ですが、最後の東芝の
奇跡は置いておいて、結局5%も増やせません
でした。マイナスを覚悟していたため、そう
ならなかっただけマシなのでしょうけどね。
 一時、悲惨極まりない含み損を抱えていま
したが、そういう時期でも少ない現金余力で
しぶとくナンピンしたのが、のちに効いたの
だと思っています。

 さて、東芝ですが、まさかあれほど特大の
悪材料が降ってくるとは思ってもいなかった
ので、うれしすぎる誤算となりました。
 このまま債務超過が確定し、銀行も支援し
ないとなれば、いよいよ倒産が現実のものと
なります。今は「あの東芝がまさか」という
「まさか」が本当に起こる時代です。

 どうせなら「東芝ショック」という後世に
名が残るような事態にでもなり、調子に乗り
すぎている現在の日本市場に冷や水を浴びせ
てほしいですね。
 そうすれば、ベア型ETFも十分な含み益と
なり、相場が下がりきったところで優良銘柄
を買いあさり、三重においしい思いができる
んですけどね。

 いずれにしても、2017年は余裕のある幸先
のよいスタートが切れそうです。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(2) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

配当 日本株式 2016/12/27


 2016/12/27に配当が入金されました。

■ダイサン(4750)

1株配当 数量 入金額
   13  100  1,300

買 -(614*100+150)     = -61,550
配 +( 13*100  )*0.79685 ≒ + 1,036
-------------------------------------
計    100         -60,514

 ダイサンの権利確定月は04月10月です。今
回の配当は10月分になります。

 ダイサンは、長期投資用として保有してい
たものを売却後、再び買い戻しています。

 元々買い戻す予定はありませんでしたが、
あらゆるテクニカル的な指標がどん底を這い
つくばっている現象を見て、これはチャンス
と思い、再び購入しました。
 それらの指標が示すとおり、結果的にどん
底付近で購入できたため、権利落ち後も元本
割れすることはありませんでした。再購入は
成功と言ってよいと思います。

 成長性が特別高いわけではありませんが、
その他ファンダメンタル的な指標は問題なく、
安定的に配当を得られると考えているため、
長期投資用と位置づけて保有を継続します。
posted by dark_matter at 21:05| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

取引 日本株式 2016/12/22


 2016/12/22の取引です。

■キヤノン電子(7739)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  900   1,679  1,809 +117,000  +7.74
本日   0     _  1,812     _    _

2015年    +200          - 398,293
買 -(1,877  *200+293 )     = - 375,693
買 -(1,756.5 *200+293 )     = - 351,593
買 -(1,678  *200+293 )     = - 335,893
買 -(1,594  *100+199 )     = - 159,599
買 -(1,579  *100+199 )     = - 158,099
売 +(1,780  *100   )     = + 178,000 …A
  +(1,600  *100-199-A)     = -  18,199
買 -(1,399  *100+199 )     = - 140,099
売 +(1,743  *100   )     = + 174,300 …B
  +(1,476  *100-199-B)     = -  26,899
買 -(1,521  *100+199 )     = - 152,299
配 +(  30  *900   )*0.79685 ≒ +  21,515
売 +(1,721  *100   )     = + 172,100 …C
  +(1,636  *100-199-C)     = -  8,699
買 -(1,613  *600+525 )     = - 968,325
売 +(1,679  *600   )     = +1,007,400 …D
  +(1,595.16*600-525-D)     ≒ -  50,825
売 +(1,679  *900   )     = +1,511,100 …E
  +(1,802.55*900-994-E)*0.79685 ≒ +  87,818
-----------------------------------------------
計        0          +  7,718

 キヤノン電子は、投機用銘柄です。

 利益確定ルールに従って逆指値を入れてい
たら、本日約定しました。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 株価は想定よりも強い動きとなり、通常の
逆指値では権利確定日までに引っかからず、
権利落ちでギャップダウンする可能性が出て
きたため、ギアチェンジして売却しました。
 トータルでマイナスになることを覚悟して
いましたが、プラスとなりました。それだけ
に、前回何を血迷って損切りの逆指値を入れ
てしまったのか、本当に悔やまれます。

 さて、本日の取引で、資産に占める通常の
現物株式の割合が、現在の相場における理想
値にほぼ収束しました。
 これで、早期リタイアへのスタートライン
に立った状態で来年の相場に臨むことができ
ます。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

取引 日本株式 2016/12/21


 2016/12/21の取引です。

■TOPIXベア2倍上場投信(1356)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  640   4,453  3,575 -561,920  -19.72
本日 1,410   4,004  3,620 -541,440  - 9.59

買 -(5,390*  90+293) = - 485,393
買 -(4,920* 100+293) = - 492,293
買 -(4,845*  80+293) = - 387,893
買 -(4,030* 380+994) = -1,532,394
買 -(3,630* 770+994) = -2,796,094
------------------------------------
計     1,410     -5,694,067

 TOPIXベア2倍上場投信は、TOPIXに対して
負の相関をとり、2倍のレバレッジがかかる
ETFです。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 RSI30以下でゴールデンクロスし、その後
続落したため、購入しました。やはりRSI30
「以下」でないとダメですね。本日新規購入
するのが本来あるべき姿でした。
 ベア型ETFでこれほど数量を持つのは前例
がありませんが、現金が大量にあり、資産に
占める割合をしっかり計算したうえでの投入
のため、まだまだ余裕です。

 これまで何度も主張してきましたが、日本
の相場が現在ほど高騰するのは、本来の日本
の実力からすると明らかにおかしいことです。
 この相場が本来の実力に収束しようとする
現象は必ず起こります。この相場で調子こい
ている連中にはたっぷり痛い目を見てもらい
ましょう。
posted by dark_matter at 21:45| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする