2017年03月19日

中長期投資銘柄スクリーニング条件


 当ブログでは、中期投資を中心に実施する
ことを過去に何度か説明しましたが、現在の
自分の資金状況や知識を鑑みて「長」期投資
も再び加えることにしました。
 中期も長期も、銘柄購入時の方法としては
まったく変わらないため、両者兼用として、
下記のとおりスクリーニング条件を設定する
こととします。

/*

レ 東証1部
レ 東証2部

成長性スコア  :8-10
割安性スコア  :8-10
企業規模スコア :3-10 【廃止】
財務健全性スコア:6-10

配当利回り(%): 2.0-
ROE(%)    :10.0- 【変更】

*/

■経緯

 資産に占める通常の現物株式の割合を徹底
管理
すれば、理論上は利益を上げ続けること
ができるわけですが、今後、資産が増えるに
つれて少し問題が発生します。
 それは、相場水準に応じた割合を守ること
が難しいということです。購入しようとする
銘柄の出来高が少ないため、投下できる数量
もたかがしれているわけです。

 そこで考えたのが、企業規模スコアの規制
を廃止するというものです。これで、小型株
への投資も解禁されます。
 小型株こそ出来高がさらに少なく、全体的
な投資量の増加にはほとんど寄与しないよう
に感じますが、こういう銘柄にこそ長期投資
に向いたものが隠れていることが多いです。

 基本姿勢としては小型株の購入であっても
中期投資で、相場水準の変化によって銘柄を
売却する際には、パフォーマンスの低いもの
を優先的に実施していきます。
 そうして相場の荒波に何度ももまれて選別
された銘柄が長期投資用として残る、という
形となり、結果として小型株がそういう銘柄
に該当することが多いのではと考えます。

 出来高が少なく、売買するのにも一苦労な
銘柄にも手を出そうと思ったのも、以前とは
置かれている状況が違い、テクニカルの知識
もある程度身に付いたからこそです。
 そして、そのことに気づいて根本から方法
論を見直すということができるからこそです。

■各種項目の考え方

 成長性スコア、割安性スコア、財務健全性
スコアに関する考え方は、以前と変更ありま
せん。

 優良企業と判断するROEの値は8%と言われ
ていますが、もう少し踏み込んで10%に設定
しました。
 これと有利子負債の多さを見て、最終的に
購入するにふさわしいかを判断していきます。

■スクリーニング条件の厳守

 事業内容などを見て、スクリーニング条件
に少し逸脱していても、購入したいと思った
ら購入する、ということやると失敗して後に
引きずることも多くありました。
 事業内容のみならず、会社の姿勢、社員の
姿勢に至るまでのあらゆる要素が数値化され、
それらを元に優良企業がスクリーニングされ
ていると考えるようにしました。

 その結果として、「有名ではなく世間から
実力相応の評価を受けていないが、潜在的な
実力は高く、安定成長し続ける可能性のある
銘柄」が常に抽出されると考えています。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(0) | 投資基本方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

取引 日本株式 2017/03/15


■TOPIXベア2倍上場投信(1356)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日 1,630   3,952  3,410 -883,460  -13.71
本日 2,080   3,844  3,425 -871,520  -10.90

2016年   +1,410      -5,694,067
買 -(3,620* 140+525) = - 507,325
買 -(3,595*  80+293) = - 287,893
買 -(3,450* 450+994) = -1,553,494
------------------------------------
計     2,080     -8,042,779

 TOPIXベア2倍上場投信は、TOPIXに対して
負の相関をとり、2倍のレバレッジがかかる
ETFです。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 資産に占めるベア型ETFの割合を変更する
相場水準となり、それを数日維持したため、
ナンピンしました。これだけ大量投下するの
は今年に入って初となります。
 含み損を解消するには、日経平均18,000円
相当になる必要があるので、現実的ではあり
ません。せめて19,500円を早々に割り込んで
もらい、マシな損切りをしたいところです。

 さて、待ちに待った東芝の決算発表ですが、
まさかの再延期となりました。金融庁もこれ
を許すとは、超絶クソ甘々ですね。
 こういうお上に対する特別扱いは何度見て
も実に胸クソ悪いものです。

 WH経営幹部による「不適切な圧力」を過去
にさかのぼって追加調査する必要がある、と
いうのが名目ですが、時間稼ぎにしか見えま
せん。
 再延期するような状況で最終的に出てくる
決算が想定内の内容であるはずがないので、
株価がまた高値で推移するような事態になれ
ば、売り増しも視野に入れようと思います。
posted by dark_matter at 23:05| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

投資家としてのプライド


 当ブログでは、投資で利益を上げる方法と
して、資金管理の徹底、ファンダメンタル、
テクニカルをフル活用することを方針として
います。
 理論上はこれを例外なく淡々と実行すれば
確実に利益が増えるわけですが、本当にそれ
だけでよいのかを、自分が早期リタイアする
理由から考えるようになりました。

■端的に早期リタイアしたい理由

 集団主義思想によって論理的思考力が停止
し、本能的に振る舞い理不尽を振りかざし、
生産性が低く頭の悪い大勢の社畜を死ぬほど
嫌いなことは、過去に何度も説明しました。
 さらに、管理者は技術の進化とともに旧来
のルールを変更して新しいシステムを再構築
する生産性の高い仕事をできますが、それを
快く思わない社畜が必ず出てきます。

 早期リタイアしようと考えるやる気のない
管理者がこういう仕事をできる一方で、自称
やる気があって定年まで働こうと考える社畜
がそれをできない現実が腹立たしいわけです。
 仕事の本質とは何たるかを理解しておらず、
それを実行しようとする者を妨害するクズに
オレ様の労働力を使ってやる価値はないとも
考えるようになりました。

 管理者は、世の中に不要な人間などいない
と考えるような性格ではありません。金は命
よりも重く、金よりも軽いゴミ同然の命など
いくらでもあると考えています。
 当然、それは企業とて同じことです。以前
記事にしたとおり、労働が無条件で尊いとは
考えず、不要または害悪な企業が大半である
とすら考えています。

■インデックス投資という己が信念との矛盾

 そうなれば、インデックス投資のような、
対象となる企業には見境なく投資してしまう
ような商品は、管理者の考えからは矛盾した
ものとなるわけです。
 社畜と、社畜が死守している生産性の低い
システムを嫌う管理者が、本来であれば淘汰
されるべき企業まで買い支えるなどあっては
いけません。

 ベア型ETFであれば、たとえ優良企業でも
実力以上に評価された企業を適正値に戻し、
利己的な投資家に制裁を与えているとも考え
られなくはありません。
 しかし、やはり存在してはいけない企業を
ピンポイントで空売りし、その企業、および
その企業を買い支える投資家に制裁を与える
というのが望ましいと考えます。

 以前から少しはそういうことも考えて投資
はしていましたが、今回の東芝の件と、自分
が早期リタイアする理由を改めて振り返った
ときに、それがはっきりしたわけです。
 仕事が嫌いな管理者でも、仕事の本質とは
何たるかを理解して仕事をしているのと同様
に、投資の本質を理解して初めて莫大な報酬
を得られると考えるようになりました。

■投資家としての次のステージ

 結局、会社で仕事をすることによって直面
するさまざまな問題の元凶は、集団主義思想
にあり、これを是正しなければ問題は解決し
ません。
 人はどうせ変わらないし、であれば替える
しかありませんが、いずれにしても、それに
は莫大なエナジーを使い、その割には報酬も
たかがしれています。

 しかし、投資という形で外部から金の力で
それを実行すれば、管理者の思想にそぐわぬ
者たちを簡単に駆逐できるし、その方が報酬
も社会的意義も莫大なものになるわけです。
 投資家を社会的地位の低い単なる無職など
と安易に考えている社畜は、考えを改めた方
がよいでしょうね。その地位の低い者たちに
生殺与奪を握られているのですから…。

■まとめ

・ 世の中金がすべてである。
・ 金は命よりも重い。
・ 等価交換の原則を忘れてはならない。
・ 働いたら負けかな、と思っている。
・ 投資は、白石麻衣よりも魅力的である。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(2) | 投資基本方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

取引 日本株式 2017/03/01


■ジャパンディスプレイ(6740)

   数量  建単価 現在値 損益   損益(%)
前日 7,800 319.44   278 +321,579  +12.90
本日   0    _   273     _    _

売 +(319.44*7,800-388    )     ≒ +2,491,312
買 -(319.44*7,800-388    )     ≒ -2,491,312 …A
  -(280.06*7,800+388+1,412+A)*0.79685 ≒ + 243,049
-----------------------------------------------------
計        0             + 243,049

 ジャパンディスプレイは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールに従って逆指値を入れてい
たら、本日約定しました。

 相場が急騰する場面が何度かありヒヤッと
しましたが、株価は相場へは連動せず典型的
な下降トレンドとなってくれたため、うまく
利益を上げることができました。
 しかし、一目均衡表で三役逆転が成立して
いるにも関わらず、下げの勢いが弱いという
ことは、やはり少なからず相場の影響で緩和
されているのだと思います。

 さて、この時期の日本の学校では、卒業式
直前のため、集団主義洗脳去勢教育のもとで
卒業式の練習という社畜になるための訓練が
全国規模で行われているわけです。
 このように改めて文字に書き起こしてみる
と、学校という環境は狂っているとしか思え
ず、思い出しただけで吐き気がします。

 管理者のガキのころは、卒業式の歌といえ
ば、「仰げば尊し」「蛍の光」というド定番
でしたから、この行事の胸クソ悪さに拍車が
かかっていたわけです。
 今は「サヨナラの意味」を採用する学校も
あるということですから、クソ時代を生きた
者からすると、うらやましい限りです。
posted by dark_matter at 22:30| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

資産状況 2017/02/28


■日本株式(現物)

銘柄           数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
9381 エーアイテイー    100    760  1,015 + 25,500 + 33.55
7628 オーハシテクニカ   100    680  1,434 + 75,400 +110.88
3366 一六堂       1,000    383   396 + 13,000 + 3.39
5809 タツタ線      2,900    404   458 +156,600 + 13.37
4750 ダイサン       100    616   778 + 16,200 + 26.30
5959 岡部         100    804  1,015 + 21,100 + 26.24
1356 TPダブルインバース 1,630   3,952  3,595 -581,910 - 9.03
2169 CDS          100    881  1,015 + 13,400 + 15.21
1345 上場Jリート      100   1,782  1,836 + 5,400 + 3.03
2685 アダストリア     100   2,908  2,909 +  100 + 0.03

    評価額   含み損益 含み損益(%)
02月   8,584,250 -255,210    -2.89
先月比 + 335,600 -160,460    -1.75

■日本株式(信用)

銘柄    数量  建単価 現在値 損益    損益(%)
6502 東芝 5,000 459.02  208.2 +1,247,039  +54.17
6740 JDI  7,800 319.44  278  + 321,579  +12.90

    建代金   含み損益  含み損益(%)
02月   4,786,800 +1,568,618    +32.71
先月比 +2,491,700 + 489,015    -14.25

■残高

    初期残高   現在残高  損益    確定損益
02月   16,000,000 23,155,590 +7,155,590 +5,842,182
先月比      0       + 356,534 +  27,979

■外部環境

    日経平均  TOPIX   NYダウ
02月   19,118.99  1,535.32  20,812.24
先月比 +  77.65 +  13.65 +  948.15

 02月は、前月より引き続き相場は高止まり
したままで、落ちそうで落ちない状態となり
ました。
 やはり取引回数は極めて少ない結果となり、
唯一の利益確定である日本プロセスの売却も、
資産に占める現物株式の割合で決定したもの
ではない例外的な処理ですからね。

 下がるときはゆっくりで、上がるときは急
という、従来の相場の常識では考えられない
状態が続いています。下がるにしても上がる
にしても、その後が続きません。
 日経平均19,000円未満または19,500円以上
資産に占める株式の割合を変化させる節目
なのですが、これが数日と持たないようでは
取引などできるはずもありません。

 せっかく去年までで過去の負の遺産を処分
して資金管理で利益を上げる体制に移行した
のに、その途端に相場が動かなくなるとか、
間が悪いことこの上ありません。
 相場が動かないから取引をする必要はない
ということが守れているからよしとしなけれ
ばならないのでしょうか? 実にイラつきます。

 こんなときこそ、「東芝ショック」で日本
を震源とする世界同時株安にでもなればよい
のですが、これまでの状況を見る限り、倒産
や上場廃止はない雰囲気すら出てきました。
 せっかく02月14日を心待ちにしていたのに
決算発表の延期とか、がっかりです。それが
許容されること自体、甘々です。こういうの
を見るとつくづく嫌気がさします。

 次は03月14日、どうせ東芝は延命されるの
でしょうが、期待せずに待ちたいと思います。
 別に東芝に限らず、存在自体が害悪となる
ようなオワコン大企業が調子に乗っている姿
を見たら、空売りで痛めつけてやろうと思い
ます。
posted by dark_matter at 23:55| Comment(0) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする