2017年11月09日

取引 日本株式 2017/11/09


■アダストリア(2685)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  700   2,531  2,419 -78,400  -4.43
本日  800   2,521  2,422 -79,200  -3.93

買 -(2,765.67*300+525 )     ≒ - 830,225
買 -(2,453  *400+525 )     = - 981,725
買 -(2,438  *200+293 )     = - 487,893
買 -(2,419  *200+293 )     = - 484,093
売 +(2,531  *200   )     = + 506,200 …A
  +(2,482  *200-293-A)     ≒ -  10,093
売 +(2,531  *200   )     = + 506,200 …B
  +(2,577  *200-525-B)*0.79685 ≒ +  6,913
配 +(  35  *700   )*0.79685 ≒ +  19,523
買 -(2,444  *100+293 )     = - 244,693
-----------------------------------------------
計       800          -1,999,886

 アダストリアは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 この相場にも関わらず株価は逆行安となり
ナンピン可能になりましたが、突然高騰する
可能性もあれば、相場に連れ安する可能性も
あるため、最少単元のみの投入としました。
 これだけの優良銘柄を市場は放置するとか、
理解に苦しみますね。当然、相場が崩壊して
連れ安となったら遠慮なくナンピンする予定
です。

 管理者は、現在の日本市場は仕手株化して
いると言いましたが、改めます。現在の日本
市場は東芝化しています。

 通常であれば、機関が上昇トレンドを演出
し、セミプロ個人が嗅ぎつけ、最後に素人が
高値をつかみ、イナゴタワーが完成後に機関
が売りつける流れとなります。
 しかし、起点自体がバカ高いため、さすが
にだまされる者がおらず、少ない売りを吸収
しながら株価は上がるが、最後に売りつける
相手がおらず立ち往生している状態ですね。

 さすがに害人どもは今回調子こきすぎです
ね。さっさと共食いしながら死ねばいいのに。
posted by dark_matter at 22:30| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

配当 日本株式 2017/10/20


■アダストリア(2685)

1株配当 数量 入金額
   35  700 24,500

買 -(2,765.67*300+525 )     ≒ - 830,225
買 -(2,453  *400+525 )     = - 981,725
買 -(2,438  *200+293 )     = - 487,893
買 -(2,419  *200+293 )     = - 484,093
売 +(2,531  *200   )     = + 506,200 …A
  +(2,482  *200-293-A)     ≒ -  10,093
売 +(2,531  *200   )     = + 506,200 …B
  +(2,577  *200-525-B)*0.79685 ≒ +  6,913
配 +(  35  *700   )*0.79685 ≒ +  19,523
-----------------------------------------------
計       700          -1,755,193

 アダストリアの権利確定月は02月08月です。
今回の配当は08月分になります。

 アダストリアは、権利取得後の売り抜けを
試みている最中です。

 権利確定月前の07月に決算発表後に株価が
下がったため、購入したわけですが、08月に
入ってから理解しがたいくらい下がったため、
権利獲得直前にさらにナンピンしました。
 権利落ち後は、予想どおりほとんど下がら
なかったため、この判断は正解でした。権利
落ち後、さらにナンピンして取得単価を下げ、
売り抜け可能なレベルまで来ています。

 そろそろ上昇トレンドへ転換しそうな感じ
ですが、もう一度くらいはナンピンしておき
たいので、相場が崩れてほしいところです。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

資産状況 2017/10/31


■日本株式(現物)

銘柄           数量  取得単価 現在値 損益    損益(%)
7628 オーハシテクニカ   100    680  1,681 + 100,100 +147.21
4750 ダイサン       100    616   876 +  26,000 + 42.21
2169 CDS          100    881  1,354 +  47,300 + 53.69
1356 TPダブルインバース 3,240   3,429  2,548 -2,854,440 - 25.69
1345 上場Jリート      400   1,685  1,651 -  13,600 - 2.02
7463 アドヴァン      500    895  1,074 +  89,500 + 20.00
2685 アダストリア     700   2,531  2,468 -  44,100 - 2.49

    評価額    含み損益  含み損益(%)
10月   11,571,620 -2,649,240    -18.63
先月比 - 2,339,420 -1,374,220    -10.23

■日本株式(信用)

銘柄        数量  建単価  現在値 損益    損益(%)
6502 東芝     13,000  246    329 -1,200,515  -36.17
3673 ブロドリーフ  5,700  860.52   930 - 402,545  - 8.20
6632 JVCKW     7,500  331    355 - 182,108  - 7.33
6701 NEC       800 3,045   3,100 -  45,616  - 1.87
8316 三井住友     500 4,295   4,517 - 112,470  - 5.23
8697 JPX       1,100 2,081.81  2,031 +  54,788  + 2.39

    建代金    含み損益  含み損益(%)
10月   17,459,000 -1,888,466    -10.73
先月比 + 7,045,700 +2,034,807    +25.84

■残高

    初期残高   現在残高  損益    確定損益
10月   16,000,000 16,998,372 + 998,372 +5,536,078
先月比      0       -1,126,216 -1,786,803

■外部環境

    日経平均  TOPIX   NYダウ
10月   22,011.61  1,765.96  23,435.01
先月比 + 1,655.33 +  91.21 + 1,029.92

 10月は、前月末の時点ですら相場はかなり
吊り上がっていたのに、そこから歴史的記録
を作るほど常に吊り上がり続け、常軌を逸し
ているとしか思えない状態となりました。
 こんな状態では通常の現物株式を新規購入
するはずもなく、すでに残り少なかった現物
株式を売却し、超割高になったと感じたクソ
株を空売りしました。

 ベア型ETFは前月に続き含み損が拡大し、
ついに東芝は売り玉が含み損のまま2つ強制
決済され、JVCケンウッドはドライブレコー
ダー需要が発生するなど、散々な状態です。
 これまでの5年間のトータル損益が年初に
700万以上あったものが数ヶ月で100万を切っ
たため、これまでやってきたことを否定され
たようで殺意がわいています。

 再び東証がやらかしました。東芝の判断は
株主総会後のはずでしたが、それよりも前の
選挙期間中に不意打ちのように、しかも特設
注意市場銘柄の解除を行いました。
 これには、

・ アベノミクスの失敗を連想させる要因を
 排除する。
・ 明示化された規約以外で東芝を上場廃止
 には絶対にしない。
・ 東芝の個人の売り方を全滅させる。

という目的があったことは明白です。これを
選挙期間中に実施することによって意図した
とおり株価の吊り上げの継続をアシストし、
日本市場の仕手株化を加速させたわけです。

 その証拠に日産自動車や神戸製鋼所の株価
は、噴出し続ける悪材料などまるで無関係と
言わんばかりに維持し続けるどころか上がっ
ている状況です。
 東芝の特設注意市場銘柄の解除は、後世に
残る日本市場の汚点です。一時の相場の吊り
上げのためにこれを実行した代償は高くつく
と思います。

 売り禁当日に作った東芝の最後の売り玉も、
どうせ多額の損失で強制決済されるでしょう。
これは、正しい個人の売り方が儲けを出さず
に全滅したというだけにとどまりません。
 日本市場では、市場原理の自浄作用が機能
せず、資本主義が死んだことを示す歴史的な
日本市場の汚点を残すことを意味します。

 10月は、ベア型ETFに入れている逆指値が
ついに1度も引っかからずに終了するという
異常事態になりました。
 しかし、そんな異常事態であるからこそ、
その反動は大きなものになることを信じて、
粛々と逆指値が引っかかる瞬間を待ち続ける
だけです。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

取引 日本株式 2017/10/26


■アイチコーポレーション(6345)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  600    746   817 +42,600  +9.52
本日   0     _   804    _    _

買 -(745  *600+293 )     = -447,293
売 +(746  *600   )     = +447,600 …A
  +(804.16*600-293-A)*0.79685 ≒ + 27,577
-------------------------------------------
計       0          + 27,884

 アイチコーポレーションは、投機用銘柄で
す。

 利益確定ルールに従って逆指値を入れてい
たら、本日約定しました。

 権利確定日直前で株価は急騰していたため、
そのときよりも低いのは仕方ありませんが、
権利を獲得したうえで十分な差益で売り抜け
できました。
 今もなおファンダメンタル上では割安感が
あるため、相場が崩れることがあれば、再び
買い戻したいと考えています。

 株高は世界的な流れで日本はむしろ出遅れ
ているという意見がありますが、そんなもの
が日本市場の異常な吊り上がりの理由になる
でしょうか?
 日本という国は恐ろしく労働生産性の低い
国ですよ。東芝、日産自動車、神戸製鋼所の
件があってこの異常事態ですから、意図的な
吊り上げなのは明白です。

 むしろ、東芝の件があって東証がナメられ
ているから、日本市場の仕手株化を招いて今
の異常事態が発生していると思っています。
 現実に則した相場でないため、現役投資家
ですら嫌気がさす状況です。この国の目指す
「貯蓄から投資」などとはほど遠く、むしろ
逆行することになるでしょう。
posted by dark_matter at 22:45| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

取引 日本株式 2017/10/24


■日本取引所グループ(8697)

   数量  建単価  現在値 損益  損益(%)
前日   0     _  2,111    _    _
本日 1,100 2,081.81  2,089 -8,288  -0.36

売 +(2,081.81*1,100-388) ≒ +2,289,612
---------------------------------------
計       1,100     +2,289,612

 日本取引所グループは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールと同じルールに従って逆指
値を入れていたら、本日約定しました。

 東芝の特設注意市場銘柄の解除という後世
に残る日本市場の歴史の汚点を作ったこと、
それによって、日本市場の仕手株化を招いた
ことは重罪だと思うので、空売りました。
 当然、相場の吊り上げとともに株価も吊り
上がり、あらゆるテクニカル指標で超割高で
あるのは言うまでもありません。ここの株主
の目も本当に腐っていると思います。

嘘をつくな
ずるい事をするな
約束を守れ

それだけでいい

 一六堂(3366)の柚原社長の言葉です。長年
保有していた一六堂が立会外トレードを受け
付けていたため、ちょっとのぞいてみたら、
この言葉が載っていました。
 実にシンプルでいいですね。東芝のような
粉飾が発覚した後も「飛ばし」で市場を欺き
続けるクソ企業には一生理解できない言葉で
しょう。

 綱川、お前が謝っている相手は、狂信者と
いかがわしいファンドどもだぞ。謝る相手が
違うだろうが! どうせこいつらとっくに利益
確定して大満足だろうしなぁ!
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする