2017年08月01日

資産状況 2017/07/31


■日本株式(現物)

銘柄           数量  取得単価 現在値 損益    損益(%)
9381 エーアイテイー    100    760  1,077 +  31,700 + 41.71
7628 オーハシテクニカ   100    680  1,416 +  73,600 +108.24
4750 ダイサン       100    616   839 +  22,300 + 36.20
5809 タツタ線       500    404   708 + 152,000 + 75.25
2169 CDS          100    881  1,306 +  42,500 + 48.24
1345 上場Jリート      300   1,700  1,722 +  6,600 + 1.29
1356 TPダブルインバース 2,650   3,598  3,115 -1,279,950 - 13.42
6171 土木管理総合試験所  100    674  1,645 +  97,100 +144.07
2685 アダストリア     300   2,768  2,756 -  3,600 - 0.43

    評価額    含み損益 含み損益(%)
07月   10,580,450 -857,750    -7.50
先月比 +  960,750 - 18,550    +0.52

■日本株式(信用)

銘柄    数量  建単価  現在値 損益   損益(%)
6502 東芝  35,000  226.75   246 -860,059  -10.59
6701 NEC   8,000  288     300 - 99,502  - 4.31
8697 JPX   1,200 2,008    1,981 + 28,810  + 1.19
6632 JVCKW  7,700  324     321 + 21,777  + 0.87

    建代金    含み損益 含み損益(%)
07月   15,144,800 -908,974    - 5.93
先月比 + 4,904,400 +876,875    +11.29

■残高

    初期残高   現在残高  損益    確定損益
07月   16,000,000 21,458,553 +5,458,553 +7,225,277
先月比      0       + 859,812 +  1,487

■外部環境

    日経平均  TOPIX   NYダウ
07月   19,925.18  1,618.61  21,891.12
先月比 -  108.25 +  6.71 +  541.49

 07月は、前月に引き続き相場の高止まりを
最後まで維持し続ける月となりました。少し
下げても即座に戻し、前月以上に値幅が動か
ない状態でした。
 新たな空売りを仕込むくらいしかまともに
やることがなく、確定損益が絶望的に少ない
額となり、そうならざるを得ないクソ相場で
あることを改めて認識させられました。

 確定損益、現物株式の含み損益がほとんど
変化なかったことから、最終損益はほぼ東芝
の損益変動に依存する形となり、前月よりは
回復することとなりました。
 しかし、それが何だというのか、明らかに
東芝の株価は高すぎです。本来ならとっくの
昔に上場廃止しているはずの会社なのだから、
3桁を維持すること自体ありえないことです。

 せっかく株価は順調に下がり続けていたと
いうのに、グリーンライトとかいうゴミクズ
ファンドが自身の取得単価を下回ったところ
で保有を公表し、水を差してきました。
 また、1部としての最終日、前場は順調に
下がり続けていたのに、後場になって往生際
が悪く回復して前日終値を上回って引けると
いう理解しがたい結果となりました。

 いずれも、下がるときはダラダラ、上がる
ときは一瞬というところが、超絶胸クソ悪い
です。
 特に、最終日は、寄り付きか引けで一気に
インデックスが降ってくると思っていたのに、
ザラバ中に分散して落としている様子でした。
完全に買い豚に付け入る隙を与えた形です。

 最終日のこれを見せつけられては、もはや
08月10日の有報提出ですら、不適正意見以外
の結果(再延期が認められるなど)となったら
爆上げなんてことになりかねません。
 08月10日に確実に即決できるような結果に
ならない時点で、その後、さしたるイベント
がなくなるため、あとがなくなります。

 しかし、信用の返済期限を迎えるそのとき
まで、自ら買い戻すようなマネはしません。
時間切れで損失が確定しても、会社更生法か
上場廃止は必ず起こると思っています。
 取引としては負けても、信念としては負け
なかったという道を選ぼうと思います。
posted by dark_matter at 23:20| Comment(0) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

配当 日本株式 2017/06/23


■ダイサン(4750)

1株配当 数量 入金額
   13  100  1,300

2016年 +100       -60,514
配 +(13*100)*0.79685 ≒ + 1,036
--------------------------------
計    100       -59,478

■オーハシテクニカ(7628)

1株配当 数量 入金額
   20  100  2,000

おこめ券2kg分(新規購入から3年以上経過)

2012年 +200       -109,994
2013年   0       + 3,596
2014年 -100       +120,258
2015年   0       + 3,029
2016年   0       + 3,188
配 +(20*100)*0.79685 ≒ + 1,594
---------------------------------
計    100       + 21,671

 ダイサンの権利確定月は04月10月です。今
回の配当は04月分になります。

 ダイサンは、長期投資用として位置づけて
います。

 04月に権利確定月と地政学リスクが重なっ
て少々株価が荒れた以外は、一貫して緩やか
な右肩上がりの成長が続いているため、元本
割れの心配は、現時点ではありません。
 業績も、同様に右肩上がりとなる予定で、
財務状況も盤石のため、売却を考える必要は
現時点ではありません。引き続き四半期ごと
に四季報の監視を怠らずに実施していきます。

 オーハシテクニカの権利確定月は03月09月
です。今回の配当は03月分になります。

 オーハシテクニカは、数量が残っていても
収支がプラスの状態となる、いわゆる恩株と
なっています。

 株価は特別成長しているわけではなくほぼ
相場に連動しているという形で、現時点でも
割安感が非常に高い状態のため、相場が崩れ
てもそれ以上に崩れることはないと思います。
 業績は、一時期の勢いはないものの、確実
に利益を出しており、配当性向も標準的で、
財務状況も盤石です。引き続き四半期ごとに
四季報の監視を怠らずに実施していきます。

 いずれも、業績に違和感を感じない間は、
保有を継続します。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

取引 日本株式 2017/07/25


■アダストリア(2685)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日   0     _  2,763    _    _
本日  300   2,768  2,795 +8,100  +0.98

買 -(2,765.67*300+525) ≒ -830,225
-----------------------------------
計       300     -830,225

 アダストリアは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 決算発表以降、大きく株価が下がりました
が、会社の実力が弱体化したわけではないと
思っているため、購入しました。
 相場がこのまま高止まりするのであれば、
このまま権利取得か売却益を狙い、崩れるの
であれば、権利落ち後にでもナンピンしよう
と思います。

 管理者は、空売りしているから当然といえ
ば当然ですが、東芝があらゆる危機を回避し
て上場維持するなどとは思っていません。
 本当に優良企業であれば、こういう危機の
中にいるときは、理解しがたいくらい株価が
下がり続け、絶望の中から復活するものです。

 現在の東芝が、そういう動きをしていない
ということは、つまりはそういうことです。
この腐った大企業に対する周囲の甘やかし、
どこまでもつカナ?
posted by dark_matter at 23:45| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

取引 日本株式 2017/07/24


■JVCケンウッド(6632)

   数量  建単価 現在値 損益  損益(%)
前日   0    _   322    _    _
本日 7,700   324   325 -8,088  -0.32

売 +(324*7,700-388) = +2,494,412
----------------------------------
計    7,700     +2,494,412

 JVCケンウッドは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールと同じルールに従って逆指
値を入れていたら、本日約定しました。

 ここも存在価値のないオワコン企業の代表
格の1つですね。04月以降2度ほど材料が出て
株価が過剰に吊り上がっていて、相場も飽和
状態です。
 近日中に決算発表がありますが、これ以上
株価が上がるなど、相当な好材料が出ないと
無理でしょうし、相当な好材料以外の時点で
下へ行くと見ています。

 東芝はあと少しで含み損が解消するところ
まで来ていたのに、グリーンライトとかいう
ゴミクズファンドのせいでまた逆戻りとなり
ました。
 株価が自ファンドの取得単価を割り込んだ
ところで保有を発表し、株価を釣り上げると
いう悪質極まりないマネをしてくれました。

 裁判結果も、まさかの結論先送りとなり、
このままでは、28日の裁判結果も、2部降格
によるインデックス売りも、08月10日の有報
期限も、すべて先送りされる気すらします。
 本当に31日にインデックスをまとめて投下
するんだよな? とりあえず、グリーンライト
とエフィッシモをぶっ潰してほしいんだが。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

取引 日本株式 2017/07/19


■上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型(1345)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  100   1,782  1,639 -14,300  -8.02
本日  300   1,700  1,670 - 9,000  -1.76

2016年    +100         -178,199
配 +(  11.86*100  )*0.79685 ≒ +  946
配 +(  12.60*100  )*0.79685 ≒ + 1,005
配 +(  6.14*100  )*0.79685 ≒ +  490
買 -(1,657  *200+293)     = -331,693
-------------------------------------------
計       300         -507,451

 上場インデックスファンドJリート(東証
REIT指数)隔月分配型は、東証REIT指数に連
動するETFです。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 株価が元本割れし、明確に下降トレンドと
なったため、逆指値で張り付いていました。
各種テクニカル指標を見る限りでは、目先の
底値圏で購入できたのではないかと思います。
 中期投資を中心に実施する一方で、今回の
ようにETF常時一括無限ナンピン法の応用で
長期投資も無限の時間をかけて少しずつ規模
を大きくし続ける予定です。

 最近の学校は、雪国でなくても、授業時間
の確保を目的として夏休みの期間を短縮する
動きがあるようですね。実に頭が悪い。
 そんなことしなくても、運動会をやめるか
自由参加にすれば簡単に授業時間を確保する
ことができると思うが、中の人たちは誰一人
とてそういう発想には至らないんでしょうね。

 会社の業務でもそうですが、業務を改善し
ようとするとき、いいことをしようと考える
前に、目的が不明瞭で無意味な業務を即座に
やめることを考えるのが鉄則です。
 もっとも、仮に授業時間を確保したところ
で、授業そのものに本当に価値があるのかと
いう根本的な問題がありますけどね。
posted by dark_matter at 23:50| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする