2017年04月22日

配当 日本株式 2017/03/31


■岡部(5959)

1株配当 数量 入金額
   12  100  1,200

オリジナル・クオカード500円相当

2015年 +900       -835,391
2016年 -800       +790,970
配 +(12*100)*0.79685 ≒ +  957
---------------------------------
計    100       - 43,464

 岡部の権利確定月は06月12月です。今回の
配当は12月分になります。

 岡部は投機用銘柄でしたが配当と株主優待
取得用に最少単元のみ残しています。

 2016年は、相場の暴落と過剰な売り圧力に
よって含み損を抱えてから、我ながら見事な
取引をして危機を脱出し、その後は安全圏で
現在まで推移するようになりました。
 しかし、PERが高く、成長性が低く、少々
陰りが見えてきた感は否めません。このまま
では今後パフォーマンスのよい銘柄を入手し
たら売却対象になることは必至です。

 残念ながら保有の継続というわけにはいか
なくなりました。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

配当 日本株式 2017/03/27


■CDS(2169)

1株配当 数量 入金額
   20  100  2,000

2013年 +600       -517,881
2014年   0       + 18,169
2015年 +200       -177,918
2016年 -700       +722,755
配 +(20*100)*0.79685 ≒ + 1,594
----------------------------------
計    100       + 46,719

 CDSの権利確定月は06月12月です。今回の
配当は12月分になります。

 CDSは、最少単元を残しても収支がプラス
の状態となる、いわゆる恩株となっています。

 権利落ちで一時的に下がった株価もすぐに
持ち直し、現在に至るまで保持するほど強い
状態が続いています。
 ROEの高さの割にPER、PBRが低く、この先
も1株あたりの利益が伸び続け、増配も予定
されているようなので、今後の動向に期待し
たいと思います。

 過剰評価されて株価が急騰し、かつ、資産
に占める現物株式の割合を減らす場面になら
ない限り、当面は保有を継続します。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

配当 日本株式 2017/02/06


■日本プロセス(9651)

1株配当 数量 入金額
  17.5  100  1,750

2013年  +400       -314,388
2014年  -300       +342,101
2015年    0       + 5,180
2016年    0       + 2,790
配 +(17.5*100)*0.79685 ≒ + 1,395
-----------------------------------
計     100       + 37,078

 日本プロセスの権利確定月は05月11月です。
今回の配当は11月分になります。

 日本プロセスは、長期投資用銘柄ですが、
こだわり長期投資の破棄により、いずれ売却
することが決定しています。

 今後の業績予想は今のところ横ばい以上を
保持していますが、PERが高く、ROEが低く、
それに見合わず配当性向が高いため、かなり
危険水域に入っていると思います。
 恩株といえども、せっかくこれらのことに
気づいて、しかもなぜか株価が上がり続けて
いるところなので、みすみすこれを逃すこと
はないと思います。

 近日中に約定し、今回の配当の約9年分に
相当する利益を得られる予定です。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

配当 日本株式 2016/12/27


 2016/12/27に配当が入金されました。

■ダイサン(4750)

1株配当 数量 入金額
   13  100  1,300

買 -(614*100+150)     = -61,550
配 +( 13*100  )*0.79685 ≒ + 1,036
-------------------------------------
計    100         -60,514

 ダイサンの権利確定月は04月10月です。今
回の配当は10月分になります。

 ダイサンは、長期投資用として保有してい
たものを売却後、再び買い戻しています。

 元々買い戻す予定はありませんでしたが、
あらゆるテクニカル的な指標がどん底を這い
つくばっている現象を見て、これはチャンス
と思い、再び購入しました。
 それらの指標が示すとおり、結果的にどん
底付近で購入できたため、権利落ち後も元本
割れすることはありませんでした。再購入は
成功と言ってよいと思います。

 成長性が特別高いわけではありませんが、
その他ファンダメンタル的な指標は問題なく、
安定的に配当を得られると考えているため、
長期投資用と位置づけて保有を継続します。
posted by dark_matter at 21:05| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

配当 日本株式 2016/12/05


 2016/12/05に配当が入金され、株主優待が
届きました。

■タツタ電線(5809)

1株配当 数量  入金額
   6 16,100 96,600

2013年   + 1,100          - 790,242
2014年   + 1,600          - 829,877
2015年   + 3,600          -1,615,961
買 -(408.41* 1,200+293 )     ≒ - 490,393
買 -(411  * 1,200+293 )     = - 493,493
買 -(368  * 1,300+293 )     = - 478,693
買 -(341  * 1,300+293 )     = - 443,593
売 +(450  *  500   )     = + 225,000 …A
  +(366  *  500-199-A)     = -  42,199
買 -(340  * 1,300+293 )     = - 442,293
買 -(339  * 1,400+293 )     = - 474,893
買 -(329  * 1,500+293 )     = - 493,793
配 +( 6  *10,800   )*0.79685 ≒ +  51,636
買 -(306  * 1,600+293 )     = - 489,893
買 -(292.66*  600+199 )     ≒ - 175,799
売 +(404  *  600   )     = + 242,400 …B
  +(333  *  600-199-B)     = -  42,799
売 +(404  *  500   )     = + 202,000 …C
  +(353  *  500-199-C)     = -  25,699
売 +(404  * 1,100   )     = + 444,400 …D
  +(418  * 1,100-293-D)*0.79685 ≒ +  12,039
売 +(404  * 5,000   )     = +2,020,000 …E
  +(450.12* 5,000-994-E)*0.79685 ≒ + 182,962
配 +( 6  *16,100   )*0.79685 ≒ +  76,976
------------------------------------------------
計      10,000          -3,872,207

■オーハシテクニカ(7628)

1株配当 数量 入金額
   20  100  2,000

おこめ券2kg分(新規購入から3年以上経過)

2012年 +200       -109,994
2013年   0       + 3,596
2014年 -100       +120,258
2015年   0       + 3,029
配 +(20*100)*0.79685 ≒ + 1,594
配 +(20*100)*0.79685 ≒ + 1,594
---------------------------------
計    100       + 20,077

 タツタ電線の権利確定月は03月09月です。
今回の配当は09月分になります。

 タツタ電線は、2013年購入時からナンピン
し続けていましたが、ようやく株価が底打ち
し、しかも自社株買いを実施したため、売却
のめどが立ちました。

 ナンピンで積み重なった数量が数量なだけ
に、かなりの配当額になりますが、その点を
見越して事前に損切り数量を決めているため、
利益はほぼ相殺されています。
 しかし、数量がまだまだ多く残っている中
での十分な含み損益率のため、利益を上げる
のはこれからです。これだけの数量があれば、
恩株として残せる数量もかなりのものです。

 ほかの銘柄のパフォーマンスや相場の過熱
感を見ながら、すべて売却するのか、いくら
か残すのかを決めようと思います。

 オーハシテクニカの権利確定月は03月09月
です。今回の配当は09月分になります。

 オーハシテクニカは、長期投資用銘柄です
が、こだわり長期投資の破棄により、いずれ
売却することが決定しています。

 しかし、恩株であること、株主優待がグレ
ードアップしていること、ファンダメンタル
的には今のところ問題ないことから、売却は
現時点では考えていません。
 たとえ恩株といえども決して甘い対応をせ
ず、四半期ごとに四季報を必ず確認し、業績
に違和感を感じれば、含み益が減らないうち
に売却しようと思います。

 業績に違和感を感じない間は、保有を継続
します。
posted by dark_matter at 21:40| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする