2016年02月28日

こだわり長期投資の破棄を決定


 管理者はこれまで長期投資用銘柄において

・ 100株1000円未満の銘柄のみとする。
・ 平均取得単価をキリのいい数字にする。
・ 権利確定月別の銘柄数をそろえる。
・ 最終的には恩株を目指し、それを達成し
 た暁には証券口座のポートフォリオを見た
 ときに権利確定月順、証券コード順に並ぶ
 ように調整する。

という完全に自己満足でしかないこだわりを
持って運用してきました。

 しかし、年始からの相場の暴落により投機
用銘柄が大きな含み損を抱え、ナンピン対応
しましたが、相場が今後回復したとしても、
含み損が解消する気がまったくしません。
 そういう状況から、もはや長期投資用銘柄
でこだわりを持つ余裕などないため、これを
破棄して現金を確保し、含み損を抱えた投機
用銘柄のケアに割り当てることにしました。

 つまり、今後は現在含み損を抱えた銘柄が
むしろ長期投資用銘柄(という名の塩漬け)に
一時的にはなるということになります。

 とは言え、現在どん底にいる相場でそれを
するつもりはありません。まずは、まやかし
でも何でもいいから、一時的でも相場が回復
するときを待つ必要があります。
 ある程度相場が回復し、天井が近いと判断
したら、そのとき含み益となっている銘柄を
すべて処分します。含み損となっている銘柄
もマシな損切りができれば部分的に行います。

 これで、ポートフォリオは完全に見た目が
真っ青な状態になり、現金もかなり確保され
ます。この現金は、限定的な場面でのみベア
型ETF購入に割り当てていきます。
 次に下落相場が訪れたとき、ベア型ETFを
売却して現金を確保し、含み損が最も少ない
銘柄を優先的にナンピンし、次に相場が回復
したときに救済できるようにします。

 これを相場が変動する毎に繰り返していき、
最終的にポジションゼロの状態に持っていき、
ようやく早期リタイアへのスタートラインに
再び立てるわけです。
 本来なら、本気で早期リタイアを目指すの
であれば、こんな資金を停滞させているだけ
のこだわりはさっさと捨てるべきでした。

 これで、当ブログは合理的な投資手法のみ
を取ることになり、また少しつまらなくなる
わけです。
 これは、投資に限ったことではありません
が、本気で儲けようとした場合、つまらない
状態に耐える忍耐力も必要であるということ
です。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(0) | 投資と感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

権利確定月別銘柄数修正 その2


 昨年、第1世代銘柄群と定義した1単元100
株かつ10万円未満の銘柄群は、権利確定月別
銘柄数を統一化しましたが、後述する理由に
より、これを修正しようと思います。

 現在は下記のとおりですが、

01月07月=04月10月=3
02月08月=05月11月=4
03月09月=06月12月=5(GMOインターネットを除く)

これを下記のとおりに修正します。

01月07月=04月10月=2
02月08月=05月11月=3
03月09月=06月12月=4(GMOインターネットを除く)

 この銘柄群は、管理者の自己満足のために
01月07月銘柄で証券コードの小さい順から買
い増しして売買をfixしているところですが、
すでに詰んでいる状態です。

 04月10月銘柄の泉州電業は、取得単価930
円で200株を所有していますが、これを買い
増し、取得単価990円300株とするためには、
1,108円で購入する必要があります。
 しかし、2014/01/10現在の泉州電業の株
価は1,258円で、チャートを見ても下がって
くる気がしません。

 泉州電業の代替銘柄として、強いて挙げる
ならば、学情、正栄食品工業がありますが、
学情は割安感がまったくなく、正栄食品工業
は04月と10月の配当が均等ではありません。
 よって、代替銘柄を探すのではなく銘柄数
を減らすという方向で結論が出ました。それ
に伴い、銘柄数をきれいに並べるために各月
の銘柄数も減らすことにしました。

 売却対象は下記のとおりです。

01月07月:菱洋エレクトロ
02月08月:スター精密
03月09月:ソトー
05月11月:三益半導体工業
06月12月:フューチャーアーキテクト

 これらを売却してもなお、02月08月銘柄の
進和が泉州電業と同様の状態になりつつある
のが懸念点です。
 買い増し後の取得単価を990円300株とする
には、1,228円で購入する必要があり、01/10
現在1,225円です。権利落ち後にこれ以下の
株価であるかどうかは微妙なところです。

 よって、これの予備銘柄を用意する必要が
あります。今考えているのは、絶賛下落中の
ライトオンです。
 元々投機用として考えていた銘柄ですが、
これを底値付近で購入しておき、権利落ち後
の進和の状況によって、どちらを残すのかを
決めたいと思います。
posted by dark_matter at 19:15| Comment(0) | 投資と感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

権利確定月別銘柄数修正


 08月終盤より権利確定月別銘柄数の統一化
と選別を進めていますが、目標の数値を少し
変更しようと思います。

 以前、下記のとおりにしたいと伝えました
が、

01月07月=04月10月=3
02月08月=05月11月=4
03月09月=06月12月=5

これを下記のとおりに修正します。

03月09月=06月12月=5(GMOインターネットを除く)

 四半期に1度配当を出すGMOインターネット
は特別枠という扱いにします。

 現在の進捗状況は下記のとおりで、03月09
月、06月12月が未完了の状態です。

権利確定月 銘柄数 権利確定月 銘柄数
    01    3     07    3
    02    4     08    4
    03    6     09    6
    04    3     10    3
    05    4     11    4
    06    4     12    4

 丸紅はいずれ売却予定なので、03月09月は
1銘柄、06月12月は2銘柄不足しているという
状況です。

 購入予定の銘柄は、03月09月は高千穂交易、
06月12月はオプテックス・エフエー、フュー
チャーアーキテクトを考えています。

 まずは近いうちに最低単元での新規購入を
完了し、そして、いよいよ1単元100株かつ10
万円以上の銘柄購入を解禁したいと思います。
posted by dark_matter at 23:40| Comment(0) | 投資と感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

投資対象銘柄群変更


 権利確定月別銘柄数の統一、恩株の作成に
よって、銘柄の管理負担軽減を前回検討した
わけですが、前回の検討内容と今後の展望を
さらに考えてみました。

 現在、1単元が100株かつ10万円未満で購入
できる銘柄を長期投資の対象としているわけ
ですが、すでに投資の余地に限界が来ている
状態です。

 そこで、現在の銘柄群は、第1世代銘柄群
としてfixに向かい、第2世代銘柄群として、
1単元が100株かつ10万円以上の銘柄を購入し
ていこうと考えています。

 前回、現在の一部の銘柄を恩株にすること
をお伝えしましたが、これを、現在のすべて
の銘柄を恩株にすることに変更します。

 証券口座で、自分のポートフォリオを見た
ときに見やすくなるように、権利確定月ごと
にソートされ、かつ各月の中でも証券コード
ごとにソートされるようにしたいと思います。

 そのためにすべきことは、01月07月銘柄で
証券コードの小さい順から順次100(〜200)株
を買い増し(理想はナンピン)してfixする、
ということになります。

 fixの途中で相場の下落があればfixのやり
直しを考えます。下落の程度とよってどの月
の銘柄からやり直すかを決めます。
 fix前の銘柄が高騰して買い増し後の取得
単価が1,000円以上となる場合、その銘柄は
全売却し、代替銘柄を探すこととなります。

 最近の取引で、プラネットを買い増しし、
オプテックスを売却したのは、第1世代銘柄
群のfixに向けたものです。
 09月になってからナトコがストップ高3回
と大噴火していますが、幸いにも代替銘柄は
見つかったため、ナトコは売却しようと思い
ます。

 第1世代銘柄群すべてが恩株になるのは10
年後というレベルになりかねないので、それ
までにまた方針が変わる可能性はあるんです
けどね。
posted by dark_matter at 22:10| Comment(0) | 投資と感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

権利確定月別銘柄数変更検討


 本格的に日本株の個別銘柄の投資を始めて
約1年以上になりますが、銘柄数が増加して
管理が面倒になってきたため、少し選別する
ことを検討しています。

 証券口座で、自分のポートフォリオを見た
ときにスクロールバーを動かさずに済むよう
にしたいところです。

 加えて、銘柄数もこだわって統一化したい
と思っています。
 現在、管理者の権利確定月別銘柄数は下記
のとおりですが、

権利確定月 銘柄数 権利確定月 銘柄数
    01    3     07    3
    02    5     08    5
    03    7     09    7
    04    4     10    4
    05    5     11    5
    06    5     12    5

これを下記のとおりにしたいと思っています。

01月07月=04月10月=3
02月08月=05月11月=4
03月09月=06月12月=5

 04月10月は、正栄食品工業が売却対象です。
 管理者が必要と考える財務健全性スコアの
及第点に満たず、配当利回りが低いためです。
 現在のチャートは価格帯別出来高に抑えら
れて上昇が見込めないため、10月を待たずに
売却するかもしれません。

 02月08月、05月11月は、それぞれカスミ、
ジェイコムホールディングスが売却対象です。
無理に売却しなくてもよい状態なのですが、
売却することとしました。
 カスミは、権利確定日が目前に迫っている
ため、さっそく売却したいと思います。

 03月09月は、丸紅、岡谷電機産業が売却対
象です。
 丸紅は、消費税増税対策として投資総額を
減らさないために現在は保有していますが、
ほかの銘柄で補えるレベルになれば必ず売却
する予定です。
 岡谷電機産業は、安定はしているのですが
投資額が少ないために当然配当額も少なく、
あってもなくてもほとんど変わらないため、
売却してもよいと考えています。

 さらなる管理負担軽減のため、恩株または
それに近い状態に持っていき、いっさい管理
しないことも検討しています。

 対象となる銘柄は、進和、オーハシテクニ
カ、くろがねや、オプテックスです。
 ただし、こちらも投資総額を考慮しながら
進める必要があると思っています。もっとも、
こちらは先の長い話ですが…。
posted by dark_matter at 23:10| Comment(0) | 投資と感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする