2017年04月04日

取引 日本株式 2017/04/04


■日本冶金工業(5480)

   数量  建単価 現在値 損益   損益(%)
前日    0    _   209    _    _
本日 12,000 209.17   207 +25,712  +1.02

売 +(209.17*12,000-388) ≒ +2,509,712
--------------------------------------
計      12,000     +2,509,712

■東芝(6502)

   数量  建単価 現在値 損益    損益(%)
前日  5,000 459.02  228.2 +1,139,540  +49.34
本日 11,000 292.12  206.8 +1,349,930  +28.79

売 +(459.02* 5,000-388) = +2,294,712
売 +(216.26*11,000-388) ≒ +2,378,512
--------------------------------------
計      16,000     +4,673,224

 日本冶金工業、東芝は、投機用銘柄です。

 日本冶金工業は、株価がある指標を下回る
ところで逆指値を入れていたら、本日約定し
ました。

 各種ファンダメンタルの悪さは当然として、
テクニカルの面でも上昇トレンドの終わりが
見えているため、空売りしました。
 一目均衡表では明日210円を超えなければ
三役逆転が成立するうえに、価格帯別出来高
から見て、相場が悪くなれば200円を下回る
ところまでは速いと予想しています。

 東芝は、利益確定ルールと同じルールに従
って逆指値を入れていたら、本日約定しまし
た。

 04月11日の決算発表が延期になるのであれ
ば、それが受理される、されないに関わらず
詰みであると考えたため、売り増ししました。
 仮にこの最大の危機を乗り越えたとしても、
会社の信用は地に落ち、長期的に見ても成長
などしないため、株価が回復するようなこと
があれば、さらなる売り増しも考えています。

 日経平均は、昨日の時点で、一目均衡表で
三役逆転が成立しました。そして、出来高の
高い現在の価格帯を今にも割れそうな雰囲気
が出てきました。
 そして、04月11日、東芝と東証のどちらが
直接的な痛みを受けるのかはわかりませんが、
一方の直接的な痛みは、もう一方の間接的な
痛みになる構造です。

 外部からよほどの好材料が出てこない限り、
相場は低迷期に入るのではないかと思います。
posted by dark_matter at 22:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: