2017年03月19日

中長期投資銘柄スクリーニング条件


 当ブログでは、中期投資を中心に実施する
ことを過去に何度か説明しましたが、現在の
自分の資金状況や知識を鑑みて「長」期投資
も再び加えることにしました。
 中期も長期も、銘柄購入時の方法としては
まったく変わらないため、両者兼用として、
下記のとおりスクリーニング条件を設定する
こととします。

/*

レ 東証1部
レ 東証2部

成長性スコア  :8-10
割安性スコア  :8-10
企業規模スコア :3-10 【廃止】
財務健全性スコア:6-10

配当利回り(%): 2.0-
ROE(%)    :10.0- 【変更】

*/

■経緯

 資産に占める通常の現物株式の割合を徹底
管理
すれば、理論上は利益を上げ続けること
ができるわけですが、今後、資産が増えるに
つれて少し問題が発生します。
 それは、相場水準に応じた割合を守ること
が難しいということです。購入しようとする
銘柄の出来高が少ないため、投下できる数量
もたかがしれているわけです。

 そこで考えたのが、企業規模スコアの規制
を廃止するというものです。これで、小型株
への投資も解禁されます。
 小型株こそ出来高がさらに少なく、全体的
な投資量の増加にはほとんど寄与しないよう
に感じますが、こういう銘柄にこそ長期投資
に向いたものが隠れていることが多いです。

 基本姿勢としては小型株の購入であっても
中期投資で、相場水準の変化によって銘柄を
売却する際には、パフォーマンスの低いもの
を優先的に実施していきます。
 そうして相場の荒波に何度ももまれて選別
された銘柄が長期投資用として残る、という
形となり、結果として小型株がそういう銘柄
に該当することが多いのではと考えます。

 出来高が少なく、売買するのにも一苦労な
銘柄にも手を出そうと思ったのも、以前とは
置かれている状況が違い、テクニカルの知識
もある程度身に付いたからこそです。
 そして、そのことに気づいて根本から方法
論を見直すということができるからこそです。

■各種項目の考え方

 成長性スコア、割安性スコア、財務健全性
スコアに関する考え方は、以前と変更ありま
せん。

 優良企業と判断するROEの値は8%と言われ
ていますが、もう少し踏み込んで10%に設定
しました。
 これと有利子負債の多さを見て、最終的に
購入するにふさわしいかを判断していきます。

■スクリーニング条件の厳守

 事業内容などを見て、スクリーニング条件
に少し逸脱していても、購入したいと思った
ら購入する、ということやると失敗して後に
引きずることも多くありました。
 事業内容のみならず、会社の姿勢、社員の
姿勢に至るまでのあらゆる要素が数値化され、
それらを元に優良企業がスクリーニングされ
ていると考えるようにしました。

 その結果として、「有名ではなく世間から
実力相応の評価を受けていないが、潜在的な
実力は高く、安定成長し続ける可能性のある
銘柄」が常に抽出されると考えています。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(0) | 投資基本方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: