2016年04月03日

ひきこもりは親の責任


 以前放送のTVタックルでは、ひきこもりに
ついて取り扱っていましたが、管理者のこれ
に対する結論は、以前から変わらず親の責任
だと思っています。
 話は簡単で、本来なら親になる資格のない
者が、身分不相応に子供を作るからこういう
事態を引き起こしているだけです。

■金さえあれば解決する問題

 そもそも、ひきこもりの何が問題なのか、
管理者にはさっぱり理解できないんですけど
ね。

・ いい年こいた大人が親から自立できずに
 いるから?
・ ひきこもりを生み出したということで、
 親の世間体が悪いから?
・ 親の収入源を食い潰されて、家族の生活
 が困窮するから?
・ 親の死後、子供の人生が不安だから?
・ これらを悲観して、最悪殺人事件に発展
 しかねないから?

 これらのことは、すべて家族内で完結する
ことであり、社会全体として問題視すること
ではないと思いますが…。

 仮に問題だとしても、すべては親に金さえ
あれば解決することです。
 金さえあれば、子供がひきこもりになった
としても、その事実を受け入れて養っていけ
ばよく、配当金で生活できる状態にしておけ
ば、親の死後も何も問題ないはずです。

■親が果たすべき義務

 さて、管理者は親が子供に果たすべき義務
を下記のように考えています。

1) 健康で文化的な最低限度の生活を、子供
 が社会人になるまで保障する。
2) 1)の期間中に、自立に必要な知識、考え
 方を「自己否定感を植え付けることなく」
 身に付けさせる。

 どうでしょうか? 自分の肌感覚では、上記
の役割を果たそうとしている親などほとんど
いないように思いますが…。
 自己否定感を植え付けない、というのは、
ひきこもりを生まないためにはかなり重要な
ことだと思いますが、ほとんどの親がそんな
ことは考えずに教育していると思います。

 多少の自己否定感を植え付けてしまっても、
自立に必要な知識、考え方がちゃんと社会で
通用するのであればまだよいですが、それが
通用しないときが絶望的になるわけです。
 親の世代では、それが通用したのかもしれ
ませんが、子供の世代では、それがほとんど
通用しなくなったからこそ、今こうしてひき
こもりが問題になっているわけです。

■集団主義思想から生まれ、その環境で育つ子供

 前節で挙げた、親が子供に果たすべき義務
を考慮すると、管理者は子供を作ろうという
気にはなれません。自分の力が及ばず、子供
が不幸になることは目に見えていますからね。

 しかし、自分の親世代はどうでしょうか?
結婚するのが当たり前、子供を2人以上作る
のが当たり前、自分の世代では1人っ子など
少数派でしたからね。
 そういう世間の「空気」に従って、本来は
子供を作る資格のない者がロクに考えもせず
惰性で子供を作ったようにしか思えません。

 自身が仕事を通じて特別成長しているわけ
でもないのに、毎年昇給するのが当たり前の
環境で、それが自分の人間的な価値であると
勘違いしているという部分もあるでしょう。
 これらのことをわかっていない未熟者が、
仕事で身分不相応の報酬を得て、身分不相応
に子供を作った結果、自己否定感を抱きつつ
ひきこもる子供が現代に量産されたわけです。

 そして、教育の実態はどうでしょうか?

・ 子供を保育園へ預けるのが当たり前
・ 子供が休まずに学校へ行くのは当たり前
・ 学校が子供のしつけも教えるのが当たり
 前
・ 入試対策は塾、予備校に任せて金で解決
 するのが当たり前
・ 大学は、奨学金という名の借金を子供に
 背負わせて通わせるのが当たり前

 何か勘違いをしてませんか? 子供の教育と
いうのは、あくまで親が責任を持って行うの
が当然であり、外部の教育機関は、あくまで
その補助的な役割のはずです。
 外部の教育機関がまったく頼りにならない
のであれば、自身で何とかするしかないはず
です。

 自身で解決しようとせず、金で解決しよう
とし、最悪金さえ払わない姿を見せることが、
子供の教育上本当によいとでも思っているの
でしょうか?
 挙句の果てには、「高い金を払っているの
だから、しっかり勉強しろ」と言わんばかり
の態度を取る親もいるのだから、あきれて物
も言えません。

 さらに子供にとって不幸なことに、いい年
こいた大人が親のすねをかじるのは親不孝、
という「常識」が世間ではまかり通っている
わけです。
 自身で教育しようとせず、外部にすべてを
押し付けて金で解決しようとしている親たち
が、この「常識」を免罪符にして自身の責任
を子供に転嫁しているわけです。

 こんな環境では、子供がひきこもりになら
ないことの方が奇跡で、ひきこもり、または
その予備軍になるのは当然であると思います。

■まとめ

 管理者の子供に対する考え方は、世間様の
「常識」と比較すると甘いですか? 自分では
そうは思いません。子供を作るということは
そんなに軽いことなのでしょうか?
 これを甘いと感じているようだと、甘いの
はあなたの考え方の方だと思います。そして、
その考え方は子供が大人になったときに必ず
見透かされ、恨まれることでしょう。

 管理者は、ひきこもりの何が問題なのかが
やはり理解できませんし、これを問題視する
方々は、これが発生する社会状況が問題だと
いう考えに至っているのでしょうか?
 とてもそうは思えませんし、悲しいかな、
そういう者たちの方がむしろ、身分不相応に
子供を作ってしまうわけです。

 ひきこもりが問題なのではなく、そのこと
を理解できる頭もないくせに、身分不相応に
子供を作ることが問題なのです。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(4) | 個人主義と集団主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番の理由が「結局デフレ(もしくは不況)だから」だけだと思います。
Posted by もずく王子 at 2016年04月06日 01:23
 もずく王子さんはじめまして。

 外的要因としては、やはりそれに尽きるの
でしょうね。
 その点も考慮でき、世の中の動きを把握し、
最悪の事態にも対応できる教育を子供に施す
技量があるかどうかという点で、内的要因は
親の責任が大きいと考えています。
Posted by dark_matter at 2016年04月06日 22:15
ごもっともなご意見です。
リスク管理(子供の尊厳を傷付けることも当然リスクに含みます)が疎かだから子供が引きこもって漸く慌て始めるのです。
想像力が著しく欠落しているといわざるをえません。
計画性のない人間が親になる。これ程の大罪が看過されている現状はやはり異常だと私も思います。
Posted by 通りすがりの暇人 at 2017年07月13日 04:36
 通りすがりの暇人さん、はじめまして。

 自分も働いていなければ半ひきこもり状態
で、本来は淘汰されるべき遺伝子を無理やり
保存して生まれてきた存在だと思っています。

 親の一瞬の快楽の代償を一手に背負わされ
て生きているひきこもり当人はたまったもの
ではないでしょうからね。氷河期世代であれ
ば、それはなおさらのことです。

 意地でも早期リタイアして、「世間様」の
常識的な生き方のいっさいを否定して生きて
いくつもりです。
Posted by dark_matter at 2017年07月15日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: