2016年03月13日

卒業式という名の茶番行事


 現在は卒業式シーズンになるわけですが、
ひねくれ者の管理者は、やはりこれに対して
イチャモンをつけたくなってしまうわけです。
 やはり世間一般の多数派の方々は、卒業式
というものに対して「今となってはいい思い
出」ととらえているのでしょうか? そうだと
したら、管理者は非常に戦慄を覚えます。

 結論から言うと、大学や高校の卒業式は、
練習なし、または1〜2回程度の練習で本番に
望み、式の内容自体もある程度合理的に進行
しているので、問題視していません。
 問題は中学、小学の卒業式です。あのバカ
みたいに無駄に繰り返される練習と式の進行
の不合理さです。

■やはりマスゲーム

 どうも学校という組織は、ことごとくマス
ゲームというものが好きらしいですね。その
内容を挙げていきましょうか。

・ 入場行進で列や手足の動きを乱したりし
 てはならない。
・ 着席時の姿勢も決まっていて、少したり
 とも動いてはならない。
・ 起立、着席のタイミングが全員そろって
 いなければならない。さらに、卒業生起立、
 在校生起立、生徒起立を聞き分け、間違え
 てはならない。
・ 卒業証書の受け取りで起立してから檀上
 で受け取るまでの一連の行動のタイミング
 を守らなければならない。
  名前を呼ばれたら、絶叫するほど大きな
 声で返事をしなければならない。
・ 国歌、校歌、卒業の歌を、絶叫するほど
 大きな声で歌い、かつ全員そろえなければ
 ならない。
e.t.c.

 これらのことをすべてできるまであのクソ
寒い体育館の中で、連日延々練習を「させら
れる」わけです。
 その目的は、教師が生徒を統制できている
ことを保護者、教育関係のお偉いさんに見せ
つけることです。実際に、これで教師の査定
が決まるなんていう話もあるようですしね。

 本来、卒業式の主役は卒業生であることは
言うまでもない事実ですが、卒業生にとって
何のメリットもないことを、教師の自己満足
のために練習させられるわけです。
 これではどちらが主役だかわかったもので
はありません。

■卒業式で泣く者たち

 管理者が一生理解できず、かつ一生わかり
あえることのないのが、卒業式で泣く者たち
です。
 あんなくだらない練習を散々やらされたの
では本番の卒業式など、もはや茶番、感動も
薄れているだろうに、よく泣けるなあと思い
ます。

 卒業式で泣くということは、それだけ学校
生活が楽しかったということでしょうね。
 しかし、小中の学校生活の楽しさというの
は、ほとんどが誰かの犠牲のもとに成り立っ
ているものです。

 そんな鈍感で「普通」の者たちの方が世間
では好かれ、普通に結婚し、子供を作るわけ
です。
 このように、(おそらくは)小中の卒業式の
あり方に何の疑問を持たずに、思い出を美化
できる者たちが子供を作ることに、管理者は
戦慄を覚えるわけです。

 まさに、国民に集団主義思想を植えつけ、
論理的思考力を奪い、社畜を量産したい方々
の思うつぼです。

■まとめ

 ではどうすればいいかなど、非常に簡単な
ことで、大学、高校の卒業式と同様に、中学、
小学の卒業式も、練習をほとんどせず、かつ
式も合理的に進行すればいいだけの話です。
 あんなくだらない練習で時間を浪費するの
であれば、その分授業時間を増やすか、休み
を増やすかした方が有意義なのは明白です。

 当ブログに中学生がたどり着くことはない
かもしれませんが、楽しくない中学校生活を
送った方、卒業おめでとうございます。
 もうあなたに理不尽を振りかざすクズ生徒
も、授業態度が悪いからと評定を落とすクズ
教師も、ストレスのはけ口として罵声を浴び
せる部活のクズ顧問もいなくなります。

 今後の人生でも「誰とでも仲良くしよう」
とほざく頭の悪い大人には腐るほど出くわす
と思いますが、そんな意見を聞き入れる必要
はありません。
 あなたはあなたらしくしていればよいです。
そして、将来はとにかく金を貯めましょう。
莫大な金を持つことが、自分にとって不要と
思う人間関係を断ち切る手助けとなります。
posted by dark_matter at 18:00| Comment(2) | 個人主義と集団主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
全面的に同意です。
合唱コンクールなんかも、放課後の居残りや声出しの強制がひどいものでした。
個人の貴重な時間?自由?なにそれって感じですからね。
本質的な教育とは関係ないと言ってボイコットする生徒が多く出てきたり、保護者から時間の無駄だからやめろと圧力(訴訟等)が来ない限りは、奴隷教育の現場は変わらないでしょうね。
内申書をいじったりして反撃されるから誰も反抗できないのもありそうですが。
Posted by namake_taio at 2016年03月16日 10:01
 namake_taioさんはじめまして。コメント
ありがとうございます。

 ご指摘のとおり、中学に関しては内申書の
存在がすべての元凶です。これのせいで勉強
のできる者の才能をどれだけ抑えつけている
ことか…。
 国にとっては都合のよいシステムなので、
今後も変わることは絶望的でしょうね。
Posted by dark_matter at 2016年03月17日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: