2017年08月30日

取引 日本株式 2017/08/30


■TOPIXベア2倍上場投信(1356)

   数量  取得単価 現在値 損益    損益(%)
前日 2,650   3,543  3,190 - 935,450  - 9.96
本日 2,580   3,543  3,140 -1,039,740  -11.37

2016年   +1,410      -5,694,067
買 -(3,620* 140+525 ) = - 507,325
買 -(3,595*  80+293 ) = - 287,893
買 -(3,450* 450+994 ) = -1,553,494
売 +(3,844* 530   ) = +2,037,320 …A
  +(3,780* 530-994-A) = -  34,914
買 -(3,295* 570+994 ) = -1,879,144
買 -(3,205* 460+628 ) = -1,474,928
買 -(3,140*  70+293 ) = - 220,093
買 -(3,090* 320+525 ) = - 989,325
売 +(3,543* 320   ) = +1,133,760 …B
  +(3,135* 320-628-B) = - 131,188
売 +(3,543*  70   ) = + 248,010 …C
  +(3,160*  70-293-C) = -  27,103
--------------------------------------
計     2,580      -9,380,384

■アイチコーポレーション(6345)

   数量 取得単価 現在値 損益 損益(%)
前日   0     _   736   _    _
本日  600    746   746   0   0.00

買 -(745*600+293) = -447,293
------------------------------
計    600     -447,293

■JVCケンウッド(6632)

   数量  建単価 現在値 損益   損益(%)
前日 7,700   324   287 +280,467  +11.22
本日   0    _   294     _    _

売 +(324*7,700-388    )     = +2,494,412
買 -(324*7,700-388    )     = -2,494,412 …A
  -(293*7,700+388+4,124+A)*0.79685 ≒ + 186,304
--------------------------------------------------
計      0             + 186,304

 TOPIXベア2倍上場投信は、TOPIXに対して
負の相関をとり、2倍のレバレッジがかかる
ETFです。

 利益確定ルールと同じルールに従って逆指
値を入れていたら、本日約定しました。

 3,140円でナンピン時と同じ数量をマシな
損切りしたわけですが、今回もほとんど値幅
が取れませんでした。
 結局、直近2回分のナンピンしか救い出せ
ないほど相場の下げ幅は小さく、そして下降
トレンドもすでに終わったという感じだから
嫌になります。

 アイチコーポレーション、JVCケンウッド
は、投機用銘柄です。

 アイチコーポレーションは、利益確定ルー
ルを応用して、株価が上昇に転じるところで
購入できるように逆指値を入れていたら、本
日約定しました。

 相場の下降トレンド突入と同時期に出来高
の高い価格帯を割れたことを確認したため、
購入しました。各種ファンダメンタル指標が
優れているのは言うまでもありません。
 とりあえず09月の権利確定月で持ち越し、
権利落ちで元本割れしたらナンピンし、その
後は資産に占める現物株式の割合を見ながら
少しずつ売却することになると思います。

 JVCケンウッドは、利益確定ルールに従っ
て逆指値を入れていたら、本日約定しました。

 空売り開始と同時に明白な下降トレンドと
なり、クソ決算と相場の下降トレンド入りで
さらに下がり続けたため、おおむね理想的な
取引といえるでしょう。
 しかし、逆指値と株価はそれなりに離れて
いたため、もう少し値幅は取れると思ってい
たのに、クソ株の分際で本日は相場を大きく
上回る反発をしたのが気に入りません。

 さて、来週は乃木坂46の19thシングル選抜
発表があります。毎度福神予想を図で表して
いましたが、おおむね当てるということも、
もはやできないと思うので今回はやめます。
 しかし、こんなに早く次のシングルを出す
というところからも、乃木坂46のバブル感が
否めません。完全に「太く短く」という道を
選んでしまっていますね。

 紅白初出場のかかった13thはともかくとし
て、14〜17thで選抜の流動性が極端に落ちた
ことがすべてでしょう。
 特に、14thは深川麻衣の卒業センターなど
やっている場合ではなく、早々に齋藤飛鳥を
センター、ひめたんを選抜にするべきでした
ね。

 紅白出場した後という最高のタイミングで
スパッと踏み出せなかったことにより、閉塞
感を引きずり続け、今になって奇策でハード
ランディングすることになったわけです。
 今のグループの勢いを止めまいとやること
は、今後ことごとくファンの反感を買うこと
になるのではないかと思います。何をやって
も手遅れ、もはや後の祭りです。
posted by dark_matter at 23:55| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

取引 日本株式 2017/08/25


■アダストリア(2685)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  300   2,768  2,446 - 96,600  -11.63
本日  700   2,589  2,446 -100,100  - 5.52

買 -(2,765.67*300+525) ≒ - 830,225
買 -(2,453  *400+525) = - 981,725
-------------------------------------
計       700     -1,811,950

 アダストリアは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 本当は権利落ち後にナンピンを狙っていた
のですが、権利確定月とは思えないほど株価
が暴落し、権利落ち後の下げ幅も知れている
と思ったため、ナンピンすることとしました。
 この超優良株の株価がいとも簡単に下がる
一方、東芝という日本一、いや世界一のクソ
株の株価が下がらないどころか上がるという
状態を見せられると、超絶胸クソ悪いです。

 東芝は上場維持にこだわる理由を「株主の
ため」とか「上場廃止したら市場への影響が
大きい」とか言っているようですが、本気で
そう思っていたらどうしようもないですね。
 いかがわしいファンド(株主)のために上場
維持にこだわり、市場に居座ることで市場の
秩序を乱しているという自覚がないのだから
救えません。

 「東芝ショック」が起こり、日本の市場が
崩れるとすれば、結構なことだと思います。
市場の正常化のために一時的にそうなるのは
必要なことです。
 日本の市場は、実力に見合わぬ割高である
ことは明白なため、それが本来あるべき姿へ
収束するというだけのことです。この作用を
「痛み」と呼ぶべきですらありません。

 東芝と取引している会社にも多大な影響を
及ぼすでしょうが、先見の明のないその会社
の自己責任でしょう。そういう会社も淘汰さ
れて結構です。
posted by dark_matter at 21:45| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

取引 日本株式 2017/08/23


■TOPIXベア2倍上場投信(1356)

   数量  取得単価 現在値 損益    損益(%)
前日 2,970   3,543  3,195 -1,033,560  - 9.82
本日 2,650   3,543  3,180 - 961,950  -10.25

2016年   +1,410      -5,694,067
買 -(3,620* 140+525 ) = - 507,325
買 -(3,595*  80+293 ) = - 287,893
買 -(3,450* 450+994 ) = -1,553,494
売 +(3,844* 530   ) = +2,037,320 …A
  +(3,780* 530-994-A) = -  34,914
買 -(3,295* 570+994 ) = -1,879,144
買 -(3,205* 460+628 ) = -1,474,928
買 -(3,140*  70+293 ) = - 220,093
買 -(3,090* 320+525 ) = - 989,325
売 +(3,543* 320   ) = +1,133,760 …B
  +(3,135* 320-628-B) = - 131,188
--------------------------------------
計     2,650      -9,601,291

 TOPIXベア2倍上場投信は、TOPIXに対して
負の相関をとり、2倍のレバレッジがかかる
ETFです。

 利益確定ルールと同じルールに従って逆
指値を入れていたら、本日約定しました。

 本日の相場は寄り天だったうえに逆指値
からの成行にしていたため、前回購入時の
株価から値幅がほとんど取れませんでした。
どうせ下がるなら上げてんじゃねぇよ。
 マシな損切りをしたのは実に4ヶ月ぶり、
それもほとんど効果なく、このまま相場が
再び吊り上がって、また数ヶ月もマシな損
切りすらできないとかなったら最悪です。

 ヤフーで東芝関連の記事が出るたびに、
「上場廃止か会社更生法で出直せ」という
ようなコメントは毎回見かけます。
 上場廃止、会社更生法というところまで
は大賛成ですが、出直せというところには
大反対です。

 東芝は上場維持することに固執したため
に、ふつうの企業であれば一発退場となる
レベルの重罪をあまりにも重ねすぎました。
 上場廃止、会社更生法となったらその後
はお咎めなしで存続してよいというレベル
ではないのだよ。出直すことすら許さん、
死ね。

 当然、各方面からの超絶クソ甘々な対応
の恩恵を被って逃げ切り、上場企業として
お咎めなしでのうのうと存続することなど
なおさら許さん、死ね。
posted by dark_matter at 23:05| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

取引 日本株式 2017/08/21


■ジャパンディスプレイ(6740)

   数量  建単価 現在値 損益   損益(%)
前日    0    _   201    _    _
本日 12,700   197   198 -13,088  -0.52

売 +(197*12,700-388) = +2,501,512
-----------------------------------
計    12,700     +2,501,512

 ジャパンディスプレイは、投機用銘柄です。

 株価がある指標を下回るところで逆指値を
入れていたら、本日約定しました。

 決算発表を受けて、出来高の高い価格帯を
割り込んで株価が下がり、その後反発して元
に戻ってきましたが、ここに跳ね返されると
見て空売りしました。
 以前にも750億ほど支援してもらって今度
は1,000億というからオワコン化が明白です。
官が介入してくるとダメになるという典型的
な見本です。

 ヤフーニュースの各タブのトップ記事は、
土日はほとんど変化ないと思っていたのです
が、週末に出た東芝の記事に関しては、何か
掃けるのが早くね? という印象です。
 先週は珍しく土曜日に東芝に関する記事が
2つ出たのに、日曜日には2つとも掃けていま
した。

 こんなところにまで根回ししているのかと
思うと、見苦しい、往生際が悪いとしか思え
ません。
 上場維持はもう不可能なことはわかってい
ますが、問題はいつそれが明白になるかなん
ですよ。11月16日以降とかマジでやめろよ。
早く死ねよ。
posted by dark_matter at 21:15| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

取引 日本株式 2017/08/18


■日本取引所グループ(8697)

   数量  建単価 現在値 損益   損益(%)
前日   0    _  1,937    _    _
本日 1,300  1,895  1,908 -17,288  -0.70

売 +(1,895*1,300-388) = +2,463,112
------------------------------------
計     1,300     +2,463,112

 日本取引所グループは、投機用銘柄です。

 株価がある指標を下回るところで逆指値を
入れていたら、本日約定しました。

 前回薄利で撤退となりましたが、翌日以降
跳ね返されるような形になったことを確認し、
ちょうど出来高の高い価格帯を割れるところ
でもあるため、再び空売りしました。
 結局は相場次第でしょうが、一目均衡表で
は上雲に突入して不安定な状態にあるため、
とりあえず06月02日に開けた窓を埋めるべく
株価が下がってほしいところです。

 昨日だけでNYダウは、これまでジワジワと
上げ続けていたときの速度をはるかに上回る
速度で下がったため、簡単には反発しないと
願いたいところです。
 そして、日本の市場も、日銀の不当な吊り
上げに負けずこの流れに乗ってほしいところ
です。

 ナンピンしたベア型ETFを何ヶ月もマシな
損切りすらさせてもらえない相場環境など、
異常という以外の何物でもありません。
 東芝の株価がなかなか下がらないどころか
暴騰までしてその後高止まりしているのは、
この相場環境のせいでもあるわけですからね。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする