2016年09月27日

取引 日本株式 2016/09/27


 2016/09/27の取引です。

■CAC Holdings(4725)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日  700    833   844 +7,700  +1.32
本日  600    833   848 +9,000  +1.80

2012年  +200          -135,994
2013年   0          + 2,876
2014年  +200          -180,344
2015年  +100          - 99,524
買 -(774*100+150 )     = - 77,550
配 +( 16*500   )*0.79685 ≒ + 6,375
売 +(855*100   )     = + 85,500 …A
  +(854*100-150-A)     = -  250
買 -(815*100+150 )     = - 81,650
売 +(849*100   )     = + 84,900 …B
  +(835*100-150-B)     = - 1,550
買 -(800*100+150 )     = - 80,150
買 -(778*100+150 )     = - 77,950
配 +( 20*500   )*0.79685 ≒ + 7,969
売 +(833*100   )     = + 83,300 …C
  +(839*100-150-C)*0.79685 ≒ +  359
----------------------------------------
計    600          -463,683

■前澤化成工業(7925)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  400    990  1,062 +28,800  +7.27
本日   0     _  1,061    _    _

2013年   +300          -276,608
2014年   +200          -204,431
2015年   -100          +135,021
配 +(  15*400   )*0.79685 ≒ + 4,782
売 +( 990*400   )     = +396,000 …A
  +(1,057*400-293-A)*0.79685 ≒ + 21,123
------------------------------------------
計      0          + 75,887

 CAC Holdings、前澤化成工業は、長期投資
用銘柄です。

 いずれも、利益確定ルールと同じルールに
従って逆指値を入れていたら、本日約定しま
した。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 CAC Holdingsは、表面上は少ない利益確定
額ですが、前回ナンピン時よりも高い値段で
売却したということに意味があります。
 当然、ここからは相場の暴落とともに株価
が下がったところでナンピン、相場の回復と
権利確定月への接近で株価が回復したところ
で売り抜け、という流れを想定しています。

 前澤化成工業は、価格帯別出来高を長期間
設定で見ると、実は底割れ懸念があり、この
銘柄の成長性を考慮すると、このまま保有し
ていては危険なことがわかりました。
 どうせ去年のような株価になることはもう
ないだろうし、権利確定日直前ということで
株価が急上昇してくれたため、権利の獲得は
考えず、すべて売却することとしました。

 昨日の円高進行とNYダウ下落で日本の相場
も同じかと思っていたのに、非常にあきれる
動きとなりました。
 こんなのを見せられると、明日の権利落ち
で株価は本当に下がるのか、昨日今日で売却
したことが無意味な行為にならないか、不安
でしょうがないです。
posted by dark_matter at 23:25| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

取引 日本株式 2016/09/26


 2016/09/26の取引です。

■タツタ電線(5809)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日 16,600    404   355 -813,400  -12.13
本日 16,100    404   354 -805,000  -12.38

2013年   + 1,100          - 790,242
2014年   + 1,600          - 829,877
2015年   + 3,600          -1,615,961
買 -(408.41* 1,200+293 )     ≒ - 490,393
買 -(411  * 1,200+293 )     = - 493,493
買 -(368  * 1,300+293 )     = - 478,693
買 -(341  * 1,300+293 )     = - 443,593
売 +(450  *  500   )     = + 225,000 …A
  +(366  *  500-199-A)     = -  42,199
買 -(340  * 1,300+293 )     = - 442,293
買 -(339  * 1,400+293 )     = - 474,893
買 -(329  * 1,500+293 )     = - 493,793
配 +( 6  *10,800   )*0.79685 ≒ +  51,636
買 -(306  * 1,600+293 )     = - 489,893
買 -(292.66*  600+199 )     ≒ - 175,799
売 +(404  *  600   )     = + 242,400 …B
  +(333  *  600-199-B)     = -  42,799
売 +(404  *  500   )     = + 202,000 …C
  +(353  *  500-199-C)     = -  25,699
------------------------------------------------
計      16,100          -6,608,584

■日東工業(6651)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日 1,100   1,398  1,345 -58,300  -3.79
本日 1,000   1,398  1,328 -70,000  -5.01

買 -(1,601* 300+293 ) = - 480,593
買 -(1,368* 300+293 ) = - 410,693
買 -(1,269* 100+199 ) = - 127,099
売 +(1,455* 100   ) = + 145,500 …A
  +(1,359* 100-199-A) = -  9,799
買 -(1,343* 300+293 ) = - 403,193
買 -(1,323* 100+199 ) = - 132,499
買 -(1,282* 100+199 ) = - 128,399
売 +(1,398* 100   ) = + 139,800 …B
  +(1,329* 100-199-B) = -  7,099
--------------------------------------
計     1,000      -1,414,074

 タツタ電線、日東工業は、投機用銘柄です。

 いずれも、利益確定ルールと同じルールに
従って逆指値を入れていたら、本日約定しま
した。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 いずれも、権利を持ち越して得られる配当
に損失額が収まるようにマシな損切りをしま
した。
 あとは、権利落ちに相場の暴落が加わって
本日の売値より安いところでナンピンできれ
ば、作戦としては成功です。

 タツタ電線は、価格帯別出来高を期間10年
で見ると、四半期程度の期間をかけて底割れ
し、底打ちしていると考えることができます。
実際に、業績予想も底打ちですしね。
 週足の一目均衡表では、下雲に抑えられる
期間が続くので、底割れした価格帯を抜ける
には半期程度はかかると見ています。ただし
これを抜ければ上昇速度は速いと思います。

 月足の一目均衡表で、下雲が迫ってくる前
までに十分な含み益となるかがポイントです。
目安としては2017年末までに500円付近まで
回復するかどうかです。
 とにかく、権利落ち後は資金の枯渇に気を
付けながら迷わずにナンピンでよいと考えて
います。
posted by dark_matter at 21:10| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

配当 日本株式 2016/09/09


 2016/09/09に配当が入金されました。

■CAC Holdings(4725)

1株配当 数量 入金額
   20  500 10,000

2012年  +200          -135,994
2013年   0          + 2,876
2014年  +200          -180,344
2015年  +100          - 99,524
買 -(774*100+150 )     = - 77,550
配 +( 16*500   )*0.79685 ≒ + 6,375
売 +(855*100   )     = + 85,500 …A
  +(854*100-150-A)     = -  250
買 -(815*100+150 )     = - 81,650
売 +(849*100   )     = + 84,900 …B
  +(835*100-150-B)     = - 1,550
買 -(800*100+150 )     = - 80,150
買 -(778*100+150 )     = - 77,950
配 +( 20*500   )*0.79685 ≒ + 7,969
----------------------------------------
計    700          -547,342

 CAC Holdingsの権利確定月は06月12月です。
今回の配当は06月分になります。

 CAC Holdingsは、長期投資用銘柄ですが、
こだわり長期投資の破棄により、いずれ売却
することが決定しています。

 半年前に予想したとおり、株価はこの半年
間、ほぼ横ばいで推移し、多少の波が生じる
ところでナンピンとマシな損切りをして平均
取得単価を下げてきました。
 これをもう少し行い、年初来と同等の含み
益となったところで売り抜けたいところです。
営業CFのマイナスが解消されれば、多少株価
は回復するのではないかと思っていますが…。

 週足の一目均衡表では、下雲に抑えられる
状態が続くので、完全に売り抜けるには最低
でも半年以上はかかると見ています。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

取引 日本株式 2016/09/23


 2016/09/23の取引です。

■三洋貿易(3176)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日  500   1,215  1,234 +9,500  +1.56
本日   0     _  1,250    _    _

買 -(1,231.75*400+293 )     = -492,993
買 -(1,195  *100+199 )     = -119,699
買 -(1,156  *100+199 )     = -115,799
売 +(1,215  *100   )     = +121,500 …A
  +(1,201  *100-199-A)     = - 1,599
売 +(1,215  *500   )     = +607,500 …B
  +(1,232  *500-525-B)*0.79685 ≒ + 6,355
---------------------------------------------
計        0          + 5,265

■GMOインターネット(9449)

   数量  建単価 現在値 損益  損益(%)
前日 2,000  1,275  1,274 +1,612  +0.06
本日   0    _  1,339    _    _

売 +(1,275*2,000-388   )     = +2,549,612
買 -(1,275*2,000-388   )     = -2,549,612 …A
  -(1,265*2,000+388+80+A)*0.79685 ≒ +  15,255
-------------------------------------------------
計       0           +  15,255

 三洋貿易、GMOインターネットは、投機用
銘柄です。

 三洋貿易は、ザラバ中、適当に指値を入れ
ていたら約定しました。

 権利を持ち越した場合、この銘柄とタツタ
電線、日東工業をそれぞれナンピンすること
になります。しかし、売却すれば資金を確保
できるうえにナンピンも2銘柄で済みます。
 株価の上昇速度はいったん失速するものと
思っていましたが、意外に強い動きとなり、
含み益が増えたため、上記を考慮して売却と
いう判断に至りました。

 GMOインターネットは、前場の寄り付きで
成行売りをしました。

 この判断がどういう結果となるのか、すぐ
に知りたかったため、急きょ午前半休を取り、
前場開始前から板を眺めていました。
 結果として、前日終値より少し下げて開始
となり、大損せずに済みました。結局、本日
終値が大幅高となり、この判断こそが最善策
ということになりました。危なかったです。

 これだけ円高が急激に進行しているのに、
相場は大して変わらないとか、意味不明なん
ですが…。どこまで歪めばすむんでしょうか
ねぇ。
posted by dark_matter at 21:30| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

取引 日本株式 2016/09/21


 2016/09/21の取引です。

■学情(2301)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日   0     _  1,038    _    _
本日  400   1,052  1,060 +3,200  +0.76

買 -(1,051*400+293) = -420,693
--------------------------------
計     400     -420,693

■GMOインターネット(9449)

   数量  建単価 現在値 損益  損益(%)
前日   0    _  1,307    _    _
本日 2,000  1,275  1,274 +1,612  +0.06

売 +(1,275*2,000-388) = +2,549,612
------------------------------------
計     2,000     +2,549,612

■ミニストップ(9946)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  200   1,618  1,752 +26,800  +8.28
本日   0     _  1,786    _    _

買 -(1,635*100+199 )     = -163,699
買 -(1,596*100+199 )     = -159,799
売 +(1,618*200   )     = +323,600 …A
  +(1,728*200-293-A)*0.79685 ≒ + 17,298
------------------------------------------
計      0          + 17,400

 学情、GMOインターネット、ミニストップ
は、投機用銘柄です。

 学情は、利益確定ルールを応用して、株価
が上昇に転じるところで購入できるように逆
指値を入れていたら、本日約定しました。

 ファンダメンタル的な割安感はありません
が、主に価格帯別出来高の推移を見て短期的
には割安であると判断し、権利確定日までに
回復することを期待し、購入しました。
 権利確定日までに底割れした1,150円付近
まで回復できるかが売却の目安です。そうで
なければ権利を持ち越し、次は1,150円超え
を中期的に待つ予定です。

 GMOインターネットは、株価がある指標を
下回るところで逆指値を入れていたら、本日
約定しました。

 出来高の高い価格帯を抜ければ株価の下落
速度は速いだろうと予想し、前場までは予想
どおりの動きとなりました。しかし、後場は
日銀に水を差された形となりました。
 夜になって円高に逆噴射しているものの、
どちらに転ぶのかわからないため、休み明け
は速攻で手仕舞いすることとします。後述の
ミニストップの利益が飛ばなければいいが…。

 ミニストップは、利益確定ルールに従って
逆指値を入れていたら、本日約定しました。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 ナンピンしながら相場の回復を待ち、少し
時間をかけて売り抜けることを想定していま
したが、たなぼたの好材料が降ってきて株価
が高騰したため、早々に売却できました。
 今回は、価格帯別出来高を見て、底割れと
下値めどを見極めることができたのが勝因と
考えています。早々に売却できたのも、適切
なタイミングでの購入があればこそです。

 本日の相場は円安に振れると同時に株価も
高騰したため、夜になって円高に逆噴射して
いるということは株価もそうなるのでしょう
か?
 そう単純なものではないでしょうが、売り
ポジションを持ち、現金も確保している身と
しては、単純にそうなってほしいものです。
posted by dark_matter at 22:40| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする