2016年02月29日

取引 日本株式 2016/02/29


 2016/02/29の取引です。

■一六堂(3366)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  900    460   327 -119,700  -28.91
本日 1,100    437   326 -122,100  -25.40

2012年  + 400     -164,989
2013年  + 200     - 92,828
2014年  + 300     -133,853
2015年    0     + 8,607
買 -(330* 200+150) = - 66,150
--------------------------------
計    1,100     -449,213

■CAC Holdings(4725)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  500    870   753 -58,500  -13.45
本日  600    855   752 -61,800  -12.05

2012年  +200     -135,994
2013年   0     + 2,876
2014年  +200     -180,344
2015年  +100     - 99,524
買 -(774*100+150) = - 77,550
------------------------------
計    600     -490,536

■スター精密(7713)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日   0     _  1,186    _    _
本日  100   1,210  1,192 -1,800  -1.49

買 -(1,208*100+199) = -120,999
--------------------------------
計     100     -120,999

■プレナス(9945)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日  100   1,890  1,872 -1,800  -0.95
本日  200   1,886  1,845 -8,200  -2.17

2015年   +100          -176,957
買 -(1,818*100+199 )     = -181,999
売 +(1,890*100   )     = +189,000 …A
  +(1,895*100-199-A)*0.79685 ≒ +  240
買 -(1,880*100+199 )     = -188,199
------------------------------------------
計     200          -357,915

 一六堂、CAC Holdingsは、長期投資用銘柄
です。

 いずれも、前場の寄り付きで成行買いをし
ました。

 これまでこだわり長期投資をしていたため
に、含み損になってもナンピンできずにいま
したが、これを破棄したため、救済に向けて
動くことにしました。
 しかし、一方は長期間に渡り株価は下がる
一方、もう一方は超絶クソ決算、救済できる
気がまったくしないんですけどね。

 スター精密、プレナスは、投機用銘柄です。

 いずれも、利益確定ルールを応用して、株
価が上昇に転じるところで購入できるように
逆指値を入れていたら、本日約定しました。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 スター精密は、

・ PERが低く、割安感がある。
・ 成長性が高い。
・ 配当利回りが高く、配当性向は標準的で
 減配の可能性は低い。
・ エンベロープ下限付近である。
・ RSI30以下でゴールデンクロスしてから
 そのときの株価を下回っている。

ことに加え、権利落ちで株価が下がったため、
購入しました。
 相場も十分に下がっているため、ナンピン
する必要もなくあとは回復するのをひたすら
待つだけだと思いたいところです。

 プレナスは、権利落ちで多少株価が下がり、
あまり影響がないものだと思い、ナンピンし
ましたが、本日になって最悪の寄り天となっ
てしまいました。
 権利は持ち越したため、あとは早急に売り
抜けるだけです。最近の業績から考えて株価
がガタ落ちすることはないと思っていますが
果たしてどうでしょうか?

 昨日の記事は大して本腰を入れずに書いた
ものですが、大ヒットとなっていますね。
 要は非合理的なこだわりは破棄して本気を
出すという宣言ですが、まずは相場が回復し
てくれなければ、否応なく長期投資家のまま
です。
posted by dark_matter at 22:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

配当 日本株式 2016/02/12


 2016/02/12に配当が入金されました。

■シグマ光機(7713)

1株配当 数量 入金額
   15  400  6,000

2012年 +200       -139,890
2013年 +200       -146,498
2014年 +100       - 78,386
2015年 -100       +105,764
配 +(15*400)*0.79685 ≒ + 4,782
---------------------------------
計    400       -254,228

2016/02/12の株価 817
恩株に必要な株価 872

 シグマ光機の権利確定月は05月11月です。
今回の配当は11月分になります。

 シグマ光機は、以前に購入をfixして恩株
を目指す段階に入り、部分的売却を進めてい
る状態です。

 半年前はしばらく売却せずに様子見すると
していましたが、直後にチャイナショックが
あり、恩株にできる水準であれば売却すると
いう方針に変更しました。
 配当は長いこと据え置き状態が続いており
ますが、実は配当性向が標準的でなく、常に
減配リスクにさらされていたため、その点も
考慮して早めに売却を進めたいところです。

 引き続き、長期保有を継続します。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

取引 日本株式 2016/02/25


 2016/02/25の取引です。

■タツタ電線(5809)

   数量  取得単価 現在値 損益    損益(%)
前日 10,000    464   338 -1,260,000  -27.16
本日 11,300    450   343 -1,209,100  -23.78

2013年   + 1,100     - 790,242
2014年   + 1,600     - 829,877
2015年   + 3,600     -1,615,961
買 -(408.41* 1,200+293) ≒ - 490,393
買 -(411  * 1,200+293) = - 493,493
買 -(368  * 1,300+293) = - 478,693
買 -(341  * 1,300+293) = - 443,593
--------------------------------------
計      11,300     -5,142,252

■岡部(5959)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日 1,400    909   685 -313,600  -24.64
本日 2,100    839   699 -294,000  -16.69

2015年  + 900     - 835,391
買 -(873* 500+293) = - 436,793
買 -(697* 700+293) = - 488,193
----------------------------------
計    2,100     -1,760,377

■山洋電気(6516)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日 1,000    582   499 -83,000  -14.26
本日 2,000    549   512 -74,000  - 6.74

買 -(581*1,000+525) = - 581,525
買 -(514*1,000+525) = - 514,525
----------------------------------
計    2,000     -1,096,050

 タツタ電線、岡部、山洋電気は、投機用銘
柄です。

 いずれも、利益確定ルールを応用して、株
価が上昇に転じるところで購入できるように
逆指値を入れていたら、本日約定しました。

 割高だった日経平均が、暴落したとはいえ
年初からは-12.52%程度なのに、割安である
はずのタツタ電線が-19.48%とか、明らかに
おかしいと思います。
 数量もついに大台を突破してしまい、もう
後には戻れない状態です。マシな損切りでも
相当な額をやられるうえ、そもそもマシな損
切りすらさせてもらえない悲惨な状況です。

 岡部は、相場の暴落と重なったというのも
あるのでしょうが、直近の決算発表後に株価
は暴落しました。しかし、明らかに、暴落を
起こすような決算内容ではありません。
 頭にきたので当然ナンピンしました。決算
発表後、成長性は高い状態から普通の状態に
まで下がりましたが、まだ回復の余地はある
と思うので、粘り強く待ちたいと思います。

 山洋電気は、ほかのナンピン銘柄と違い、
相場がある程度下がってから新規で購入した
にも関わらず、前日までに-15%近い含み損益
となり、うんざりしました。
 権利確定日までに、せめてナンピンした分
くらいは薄利撤退させたいのですが、現在の
相場では無理そうですね。これも長く保有し
続けるしかないのでしょうか?

 結局、相場が下がってくる前に購入できて
しまいましたが、昨晩の円高進行や日経平均
先物の下落を見ちゃっているだけに嫌な予感
しかしませんね。
posted by dark_matter at 21:35| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

取引 日本株式 2016/02/23


 2016/02/23の取引です。

■進和(7607)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日  100   1,340  1,408 +6,800  +5.07
本日   0     _  1,375    _    _

買 -(1,338*100+199 )     = -133,999
売 +(1,340*100   )     = +134,000 …A
  +(1,375*100-199-A)*0.79685 ≒ + 2,631
------------------------------------------
計      0          + 2,632

 進和は、投機用銘柄です。

 利益確定ルールに従って逆指値を入れてい
たら、本日約定しました。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 相場の暴落直後の急回復で、不本意な位置
での購入となり、権利落ちによる下値余地を
残した形となってしまい、ナンピンする余裕
はないため、売却しました。
 とりあえず、配当以上の利益になったので
よかったです。権利落ち後に今回購入時より
も株価が安くなれば買い戻したいところです
が、その余裕はおそらくありません。

 今の日本の相場が低迷している原因の正体
について、先週末のマネーの羅針盤で放送し
ていました。
 害人が日本市場をおもちゃにしていること、
レバレッジ型投信が台頭してきたことにより
必要以上に売られているということでしたが
…。

 昨年前半の相場が明らかに異常だっただけ
であり、今になってようやく適正価格に収束
してきたとしか思えないんですよね。
 つまり、これから大きく回復することなど
起こらないことを前提とした投資をせざるを
得ないということです。
posted by dark_matter at 21:10| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

配当 日本株式 2016/02/05


 2016/02/05に配当が入金されました。

■日本プロセス(9651)

1株配当 数量 入金額
   15  100  1,500

2013年 +400       -314,388
2014年 -300       +342,101
2015年   0       + 5,180
配 +(15*100)*0.79685 ≒ + 1,196
---------------------------------
計    100       + 34,089

 日本プロセスの権利確定月は05月11月です。
今回の配当は11月分になります。

 日本プロセスは、最少単元を残しても収支
がプラスの状態となる、いわゆる恩株となっ
ています。

 年初からの相場の影響を受けていない銘柄
などほぼないわけですが、昨年末に過去最高
額に近い株価で推移していたのに一気に2年
前の株価に戻ってしまいました。
 こういう値動きを気にする必要がないのが
恩株なわけですが、配当性向が高い銘柄ゆえ
あまり値動きが激しいと減配の恐れがあるの
で、早く回復してほしいところです。

 引き続き、長期保有を継続します。
posted by dark_matter at 21:10| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする