2015年12月30日

取引 日本株式 2015/12/30


 2015/12/30の取引です。

■ミライアル(4238)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  700   1,229  1,048 -126,700  -14.73
本日 1,100   1,169  1,065 -114,400  - 8.90

買 -(1,467 * 100+199 )     = - 146,899
買 -(1,405 * 100+199 )     = - 140,699
買 -(1,289 * 100+199 )     = - 129,099
買 -(1,167 * 100+199 )     = - 116,899
買 -(1,138 * 100+199 )     = - 113,999
買 -(1,106 * 100+199 )     = - 110,799
配 +(  10 * 200   )*0.79685 ≒ +  1,594
売 +(1,264 * 100   )     = + 126,400 …A
  +(1,180 * 100-199-A)     = -  8,599
買 -(1,170 * 100+199 )     = - 117,199
買 -(1,165.5* 200+293 )     = - 233,393
売 +(1,229 * 100   )     = + 122,900 …B
  +(1,195 * 100-199-B)     = -  3,599
買 -(1,061 * 400+293 )     = - 424,693
------------------------------------------------
計      1,100          -1,294,983

■タツタ電線(5809)

   数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日 5,200    518   438 -416,000  -15.44
本日 6,300    504   437 -422,100  -13.29

2013年   +1,100          - 790,242
2014年   +1,600          - 829,877
買 -(492  * 300+199 )     = - 147,799
買 -(490  * 500+293 )     = - 245,293
売 +(567  * 200   )     = + 113,400 …A
  +(508  * 200-199-A)     = -  11,999
売 +(567  * 300   )     = + 170,100 …B
  +(525  * 300-199-B)     = -  12,799
買 -(512.33* 300+199 )     ≒ - 153,899
配 +( 7  *3,300   )*0.79685 ≒ +  18,408
買 -(499  * 300+199 )     = - 149,899
買 -(501.67* 300+199 )     ≒ - 150,699
買 -(474  * 300+199 )     = - 142,399
買 -(450  * 400+199 )     = - 180,199
買 -(440.5 * 400+199 )     = - 176,399
配 +( 6  *4,600   )*0.79685 ≒ +  21,994
売 +(531  * 800   )     = + 424,800 …C
  +(468  * 800-293-C)     = -  50,693
買 -(458  *1,000+293 )     = - 458,293
買 -(440  *1,100+293 )     = - 484,293
-----------------------------------------------
計      6,300          -3,236,080

■岡部(5959)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  400    942   911 -12,400  -3.29
本日  900    929   931 + 1,800  +0.22

買 -(957*200+199) = -191,599
買 -(924*200+199) = -184,999
買 -(917*500+293) = -458,793
------------------------------
計    900     -835,391

 ミライアル、タツタ電線、岡部は、投機用
銘柄です。

 いずれも、利益確定ルールを応用して、株
価が上昇に転じるところで購入できるように
逆指値を入れていたら、本日約定しました。

 ミライアルは、今後、事業を縮小していく
のでしょうか? だとしたら、ナンピンとマシ
な損切りを繰り返しても、資産が目減りする
だけの結果になる気がしてきました。
 ここから権利確定日までに上がる上昇量も
たかが知れているだろうし、前回、マシな損
切りなどと言わずに一気に切っておくべきで
した。

 タツタ電線は、年末の節税売りを浴びせら
れるところを見ると、損をしている投資家が
多く、今後決して株価が浮上することはない
と見限られていると推測します。
 チャイナショック前の株価を下回るところ
まで平均取得単価は下がりましたが、やはり
来年いっぱいもここまで回復することはない
のだろうと考えます。「決断」が必要かな。

 岡部は、権利落ちの影響はほとんどなく、
今回の権利の持ち越しは、お得という結果に
なりました。
 今回は思い切って前回の倍以上のナンピン
をし、平均取得単価を超えてきてくれたため、
何とか早々に売り抜けたいところです。

 新しい職場になってから、歓迎会にも忘年
会にも出席していません。今後も完全に出席
ゼロを継続するつもりです。
 みんな、何をあんなものに悩んでいるのか、
嫌なら堂々と欠席すればいいのに…。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

取引 日本株式 2015/12/29


 2015/12/29の取引です。

■キヤノン電子(7739)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日   0     _  1,959    _    _
本日  200   1,992  2,012 +4,000  +1.00

買 -(1,990*200+293) = -398,293
--------------------------------
計     200     -398,293

 キヤノン電子は、投機用銘柄です。

 利益確定ルールを応用して、株価が上昇に
転じるところで購入できるように逆指値を入
れていたら、本日約定しました。

 上昇トレンドの入口にいると思われますが、

・ PERが低く、割安感がある。
・ 配当利回りが高い。
・ RSI30以下でゴールデンクロスしている。
・ MACDがゴールデンクロスする直前である。

ことから、相場の回復によって株価の回復も
期待できるのではと思い、購入しました。
 権利確定日直前に、株価は下がり切ってい
たため、権利落ちの影響はありませんでした。
成長性が非常に低いですが、業績予想を見る
限り、何かの間違いだろうと思いますが…。

 東芝は、サザエさんの放送を継続するよう
ですね。ああいう化石番組を即座に切れない
その考え方が、今回のような事態を招いたと
いうことをわかっていないのでしょうか?
 サザエさん症候群に苦しむ東芝社員という
大いなる矛盾、笑えますね。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

早期リタイアを目指す理由 FINAL


 当ブログでは、早期リタイアを目指す理由
を計8回に渡り、9つ挙げてきました。

1) 集団主義への嫌悪
2) 時間を搾取されることへの嫌悪
3) 学習性無力感による精神の限界
4) 寿命はかなり縮まっているという想定
5) 老害扱いされる前に去る必要性
6) 年金を払いたくないという意思表示
7) 良質な睡眠の確保
8) 勉強し続ける苦痛からの解放
9) 業務外時間に発生する混雑からの解放

 最後は趣向を変えて、早期リタイアを実現
するということは、どういう意義があるのか
について考えようと思います。

■資本主義の勝者の称号

 管理者のような氷河期世代は、就職活動時、
イス取りゲームのイスが少ないうえにコミュ
ニケーション能力
というふざけたものを急に
要求された超絶不運世代です。
 根本的な社会構造の問題の方が要因として
は大きいにも関わらず、自己責任だの負け組
だのと散々な言われようでした。

 そんな環境下でも泥臭く生き延びて資産を
形成し、早期リタイアを実現したとすれば、
それは資本主義の勝者の称号を得たと言って
もよいでしょう。
 会社役員クラスは別として、50代でやっと
部長クラスになったような者には余裕で勝っ
たような気がすることでしょう。

 いい年こいてまだ働いているような連中は、
金では買えないものを持っているかもしれま
せんが、一方で、金があれば避けられる不幸
を多く抱えています。
 早期リタイアを実現した者は、金があれば
避けられる不幸を抱えることはありませんし、
金では買えないものなど、最初から願い下げ
です。

 そして何より、自由時間の量が、両者では
圧倒的に違います。
 どちらの方が総合的に優れた人生かなど、
比べるまでもありません。

 働いている多くの者が勘違いしていること、
それは、

資産力=収入力

と思っていることです。そこそこ資産がある
者からすれば、今さらなことですが、

資産力=収入力×節約力×運用力

です。収入力さえ伸ばせば資産力は伸びると
考えるのは、視野が狭く、傲慢と言わざるを
得ません。
 しかし、当の本人はそのことにすら無自覚
で、結局、その性格が災いして収入力さえも
いずれ頭打ちになっていきます。

 一方で、資産を順調に形成してきた者は、
収入力、節約力、運用力のすべてを少しずつ
伸ばしてきたと考えられ、傲慢さはそこには
ありません。
 収入力が高いにも関わらず資産形成が進ま
ない者に、収入力が低い者が勝ち、早期リタ
イアも実現するというのは、実に小気味よい
ものだと思います。

 くだらない現実へ迎合成長できる社畜は、
そうでない者たちを散々自己責任だの負け組
だのと言ってきましたが、果たして、本当の
勝者はどちらでしょうか?
 まあせいぜい、早期リタイアを実現した者
たちのために、己の愚かさに気づかないまま
死ぬまで奴隷労働を続けたらいいと思います。

■集団主義への勝利

 みんなと同じことが善であるとする価値観
のもとでは、論理的に納得のできない理不尽
なことが降りかかってくることは、ほぼ避け
られません。
 そういう理不尽を受け入れなければ村八分
にされて、生きることすら危ぶまれた時代も
あり、そうでなくても孤独という名の絶望を
味わうことになるわけです。

 しかし、文明が進化したことによって孤独
でも生きられる環境が整い、孤独というもの
を肯定的にとらえる思想も成熟し、かつ簡単
に入手できるようになりました。
 早期リタイアを実現した者には、そういう
環境を死ぬまで使い倒す権利が与えられると
いうことを意味します。

 もはや理不尽を振りかざすくだらない集団
に、属する必要も従う必要もなく、それでも
なお侵略行為があれば、敵意をむき出しにし
て反撃することもできるわけです。
 なぜなら孤独になっても何も困ることなく
生きていけるし、集団に属していたときより
(精神だけでなく)物理的にも恵まれた環境で
生きられるからです。

 これから数年もしないうちに早期リタイア
の実現が可能になる氷河期世代は増え続ける
ことでしょう。
 バブル世代以上の皆さん、あなた方の職場
に、金を持った頭の切れる氷河期世代はいま
せんか? やがて無敵となる彼らへの対応には
十分に気を付けることを推奨します。

 とは言ってももう遅いですけどね。たとえ
平穏無事に彼らに退職してもらったとしても、
早期リタイアを実現できるほどの者が退職と
いうそれ自体が組織としての損失です。
 そういう者たちから、この理不尽な社会を
見限って降りていき、社会が衰退する流れは
今後は止まらないでしょう。

 この社会はどうやら氷河期世代をなかった
ことにしたいらしいので、お望みどおりこの
社会に貢献することなく消えようというだけ
の話です。
 まあ、残った者たちだけで、悪い頭と低い
生産性とその自慢の集団主義で何とかしたら
いいんじゃないでしょうか?

 社会が衰退すれば早期リタイアを実現した
者たちもタダでは済まないという意見がある
かもしれませんが、心配には及びません。
 そういう者たちは、本物の企業を見抜いて
投資し、利益を上げ続けて早期リタイア実現
に至ったのですから、今後もそれを継続する
だけの話です。

■まとめ

 組織の中にいる場合、組織としての結果が
よからぬ方へ向かいそうになれば、「手段と
目的をはき違えるな」と、個人を諭すことが
あります。
 しかし、早期リタイアに関しては、組織は
無関係なので、それが手段であろうが目的で
あろうが自分が納得すればよいことで、他者
には関係のないことです。

 管理者にとって、早期リタイアというのは
手段であり目的であります。早期リタイアを
実現したというだけでも、かなりの満足感を
得られることでしょう。
 早期リタイアを実現したというだけで自己
実現したも同然で、もはや自分に逆らえる者
などいなくなるわけですしね。

 管理者は、これまでの人生で自分を苦しめ
てきた者たちを見返したいなどとはみじんも
思っていません。クズから受ける称賛など無
価値で、うれしくも何ともないからです。
 称賛する必要などない、ただひたすら人生
を苦しめばいいと思っています。そのザマを
見ながら食うメシはさぞウマいことでしょう。

 古いシステム、古い思想にしがみついても
行き着く先は絶望の未来です。それに気づい
た者だけが、早期リタイアを目指せばよいと
思います。


posted by dark_matter at 18:00| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

配当 日本株式 2015/12/03


 2015/12/03に配当が入金されました。

■タツタ電線(5809)

1株配当 数量  入金額
   6 4,600 27,600

2013年   +1,100          - 790,242
2014年   +1,600          - 829,877
買 -(492  * 300+199 )     = - 147,799
買 -(490  * 500+293 )     = - 245,293
売 +(567  * 200   )     = + 113,400 …A
  +(508  * 200-199-A)     = -  11,999
売 +(567  * 300   )     = + 170,100 …B
  +(525  * 300-199-B)     = -  12,799
買 -(512.33* 300+199 )     ≒ - 153,899
配 +( 7  *3,300   )*0.79685 ≒ +  18,408
買 -(499  * 300+199 )     = - 149,899
買 -(501.67* 300+199 )     ≒ - 150,699
買 -(474  * 300+199 )     = - 142,399
買 -(450  * 400+199 )     = - 180,199
買 -(440.5 * 400+199 )     = - 176,399
配 +( 6  *4,600   )*0.79685 ≒ +  21,994
-----------------------------------------------
計      5,000          -2,667,601

 タツタ電線の権利確定月は03月09月です。
今回の配当は09月分になります。

 タツタ電線は、2013年購入時からナンピン
し続けて数量ばかりがかさんでいき、いまだ
売り抜けられずに現在に至ります。

 相場の上げには反応せず、相場の下げには
しっかり反応するため、株価の下落があった
場合、下落前の株価には決して戻らない状態
になってしまいました。
 各種指標はいかにも長期投資向けで、業績
も問題ないのに、上記のような性質では長期
投資などとてもできません。会社もいい加減
株価対策をしてほしいものです。

 こんなことが続くようではナンピンとマシ
な損切りを繰り返しても、資産が目減りする
だけなので、どこかで一気に損切りする決断
が必要になるかもしれません。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 配当履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

取引 日本株式 2015/12/25


 2015/12/25の取引です。

■NJS(2325)

   数量 取得単価 現在値 損益  損益(%)
前日  400   1,519  1,511 -3,200  -0.53
本日  300   1,519  1,490 -8,700  -1.91

買 -(1,622*100+199 )     = -162,399
買 -(1,590*100+199 )     = -159,199
買 -(1,521*100+199 )     = -152,299
買 -(1,440*100+199 )     = -144,199
配 +(  22*200   )*0.79685 ≒ + 3,507
買 -(1,410*100+199 )     = -141,199
売 +(1,519*100   )     = +151,900 …A
  +(1,490*100-199-A)     = - 3,099
売 +(1,519*100   )     = +151,900 …B
  +(1,500*100-199-B)     = - 2,099
------------------------------------------
計     300          -457,186

■サトー商会(9996)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  400    920  1,211 +116,400  +31.63
本日  300    920  1,204 + 85,200  +30.87

2014年   +500          -450,928
配 +(  12*500   )*0.79685 ≒ + 4,782
配 +(  14*500   )*0.79685 ≒ + 5,578
売 +( 920*100   )     = + 92,000 …A
  +(1,201*100-199-A)*0.79685 ≒ + 22,233
売 +( 920*100   )     = + 92,000 …B
  +(1,204*100-199-B)*0.79685 ≒ + 22,472
------------------------------------------
計     300          -211,863

 NJSは、投機用銘柄です。

 利益確定ルールと同じルールに従って逆指
値を入れていたら、本日約定しました。

 1,440で購入時よりも高い値段で売却する、
いわゆるマシな損切りをしました。この悪い
相場にも関わらず、株価は高止まりしていた
ため、さらに損切りを進めました。
 これで、これから得るであろう配当も、損
切り分の穴埋めで消えてしまうため、この後
がっつりナンピンして、確実に含み益で売り
抜けなければ意味がありません。

 サトー商会は、長期投資用銘柄です。

 利益確定ルールに従って逆指値を入れてい
たら、本日約定しました。
 通常より厳しめのルールを適用しました。

 この悪い相場にも関わらず、株価は高止ま
りしていたため、さらに利益確定を進めまし
た。
 この状態がどこまで続くかわかりませんが、
まだ続くようであれば、続けて売却し、恩株
を目指そうと思います。

 我がポートフォリオの問題児であるミライ
アル、タツタ電線がこぞって株価が加速度的
に落下してんだが…。意味わかんねぇ。
posted by dark_matter at 21:00| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする