2012年12月31日

資産状況 2012/12/31 配当予想


 2012/12/31の資産状況を元に、年間配当を
シミュレーションしました。

銘柄          数量  取得単価 権利確定月  1株配当 配当
8002 丸紅       3,000    560    03 09    22 66,000
8880 飯田産業      100    575    04 10    26  2,600
8196 カスミ       400    530    02 08    15  6,000
8875 東栄住宅      100    750    01 07    38  3,800
9358 宇徳        800    230      03    8  6,400
8079 正栄食       100    580    04 10    15  1,500
6926 OKAYA        100    310    03 09    11  1,100
4750 ダイサン      400    310    04 10    13  5,200
3366 一六堂       400    420    02 08    17  6,800
9855 くろがや      400    310    05 11    12  4,800
5187 クリエート     100    800    06 12    33  3,300
7713 シグマ光機     200    700    05 11    32  6,400
6914 オプテックス    400    890    06 12    30 12,000
2572 三国コカ      200    670    06 12    24  4,800
4728 トーセ       200    500    02 08    25  5,000
7628 オーハシテクニカ  200    550    03 09    16  3,200
6985 ユーシン      100    425    05 11    10  1,000
8068 菱洋エレク     200    790    01 07    30  6,000
6833 電産リード     200    900    03 09    30  6,000
7607 進和        200    870    02 08    33  6,600
6855 電子材料      200    370    03 09    10  2,000
9449 GMO         100    440 03 06 09 12    12  1,200
9824 泉州電業      200    930    04 10    32  6,400
2462 ジェイコムHD    400    690    05 11    30 12,000
7438 コンドーテック   200    440    03 09    13  2,600
4725 CAC         200    680    06 12    32  6,400

権利確定月 銘柄数 配当  権利確定月 銘柄数 配当
    01    2  4,900     07    2  4,900
    02    4 12,500     08    4 11,900
    03    8 44,200     09    7 43,700
    04    4  7,900     10    4  7,800
    05    4 12,300     11    4 11,900
    06    5 13,400     12    5 13,700

    取得総額  配当総額 利回り(%)
12月   4,992,000  188,800    3.78
先月比 -1,034,300 - 26,800   +0.20

 12月は管理者の資産の中で足を引っ張って
いた銘柄と投機用銘柄の売却が中心となりま
した。

 01月07月はタカショーの売却によって銘柄
数、配当ともに適正値に戻っています。

 03月09月は丸紅や宇徳をはずすと配当が少
ないので、株価が下落中であったコンドーテ
ックを新規購入して補強しました。

 04月10月はナンピンの失敗によって数量が
増えすぎた泉州電業を調整し、配当が適正値
に戻っています。

 05月11月はユーシンの数量を減らし、ジェ
イコムホールディングスの数量を増やしたの
ですが、偶然にも配当に増減はなしです。

 06月12月はオプテックスの一部売却、昭和
電工の売却によって銘柄数、配当ともに適正
値に戻っています。
 また、シーエーシーを新規購入して銘柄数
を補強しました。
posted by dark_matter at 13:56| Comment(0) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資産状況 2012/12/31


 2012/12/31の資産状況です。

■日本株式

銘柄          数量  取得単価 現在値 損益   損益(%)
8002 丸紅       3,000    560   614 +162,000  + 9.64
8880 飯田産業      100    575  1,021 + 44,600  +77.57
8196 カスミ       400    530   546 + 6,400  + 3.02
8875 東栄住宅      100    750  1,194 + 44,400  +59.20
9358 宇徳        800    230   251 + 16,800  + 9.13
8079 正栄食       100    580   610 + 3,000  + 5.17
6926 OKAYA        100    310   319 +  900  + 2.90
4750 ダイサン      400    310   319 + 3,600  + 2.90
3366 一六堂       400    420   481 + 24,400  +14.52
9855 くろがや      400    310   317 + 2,800  + 2.26
5187 クリエート     100    800   788 - 1,200  - 1.50
7713 シグマ光機     200    700   718 + 3,600  + 2.57
6914 オプテックス    400    890  1,000 + 44,000  +12.36
2572 三国コカ      200    670   816 + 29,200  +21.79
4728 トーセ       200    500   547 + 9,400  + 9.40
7628 オーハシテクニカ  200    550   574 + 4,800  + 4.36
6985 ユーシン      100    425   449 + 2,400  + 5.65
8068 菱洋エレク     200    790   805 + 3,000  + 1.90
6833 電産リード     200    900  1,030 + 26,000  +14.44
7607 進和        200    870   955 + 17,000  + 9.77
6855 電子材料      200    370   381 + 2,200  + 2.97
9449 GMO         100    440   558 + 11,800  +26.82
9824 泉州電業      200    930   971 + 8,200  + 4.41
2462 ジェイコムHD    400    690   680 - 4,000  - 1.45
7438 コンドーテック   200    440   462 + 4,400  + 5.00
4725 CAC         200    680   681 +  200  + 0.15

    評価額   含み損益 含み損益(%)
12月   5,461,900 +469,900    +9.41
先月比 - 956,400 +379,900    +7.99

■投資信託

ファンド名       数量   取得単価 現在値 損益    損益(%)
三井住友T外国株インデe 102,365   9,769 10,854 +11,106.6  +11.11

    評価額    含み損益  含み損益(%)
12月   111,106.97 +11,106.6    +11.11
先月比 + 7,278.16 + 7,278.15    + 7.28

■残高

    初期残高  現在残高  損益   確定損益
12月   7,000,000 7,760,234 +760,234 +279,228
先月比      0       +513,007 +125,829

■外部環境

    日経平均  TOPIX  NYダウ
12月   10,395.18  859.80  12,938.11
先月比 +  949.17 + 78.34 -  87.47

 衆院選での民主党惨敗祝儀に加え、関東圏
コカ・コーラ社やパワービルダー6社の経営
統合の発表で、含み益が一気に増加しました。
運がよすぎです。

 管理者の資産の中で2番目に足を引っ張っ
ていたユーシンが含み益に転じたので、売却
して数量を最小限にしました。
 少し足を引っ張りぎみであったMAXIS トピ
ックス上場投信やオプテックスは、十分な含
み益となったところでそれぞれ全部、半分を
売却しました。

 そして、管理者の資産の中で最も足を引っ
張っていた丸紅が、今は最も含み益を抱えて
いる状態となっています。
 当然、逆指値を入れて監視中です。

 管理者の資産は、もはや放置してても問題
ない状態になったと言ってもよいと思います。
 次に下落相場に直面しても、それほど深刻
な状態にはならないだろうし、ナンピンして
さらに資産を増やすチャンスだと考える余裕
さえあるだろうと思います。
posted by dark_matter at 00:36| Comment(0) | 資産状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

取引 日本株式 2012/12/28


 2012/12/28の取引です。

■シーエーシー(4725)

   数量 取得単価 現在値 損益 損益(%)
前日   0     _   680   _    _
本日  200    680   681 +200  +0.15

買 -(679*200+194) = -135,994
------------------------------
計    200     -135,994

 シーエーシーは、権利確定月が06月12月で、
高配当が特徴的な銘柄です。
 管理者の定めたスクリーニング条件をいく
つか満たさないのですが、財務健全性スコア
は及第点なので購入しました。

 今となっては長期保有用として買える銘柄
はないと思っていましたが、権利落ち狙いと
いう方法が残されていました。
 それでも、高値つかみ感は否めないのです
が…。

 ただし、この方法も、使えるのはせいぜい
来年02月くらいまでかと思っています。
 04月は日銀白川総裁様の任期満了が控えて
いますからね。
posted by dark_matter at 21:29| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

取引 日本株式 2012/12/25


 2012/12/25の取引です。

■オプテックス(6914)

   数量 取得単価 現在値 損益   損益(%)
前日  800    890  1,049 +127,200  +17.87
本日  400    890  1,040 + 60,000  +16.85

買 -( 998*100+145 )   = - 99,945
買 -( 975*100+145 )   = - 97,645
売 +( 988*100   )   = + 98,800 …A
  +(1,000*100-145-A)*0.9 ≒ +  950
買 -( 970*100+145 )   = - 97,145
買 -( 899*200+194 )   = -179,994
配 +(  15*100   )*0.9 = + 1,350
買 -( 849*200+194 )   = -169,994
売 +( 910*100   )   = + 91,000 …B
  +( 885*100-145-B)   = - 2,645
買 -( 848*100+145 )   = - 84,945
買 -( 859*100+145 )   = - 86,045
買 -( 853*100+145 )   = - 85,445
売 +( 890*400   )   = +356,000 …C
  +(1,049*400-285-C)*0.9 ≒ + 56,984
--------------------------------------
計     400        -298,719

 オプテックスは、逆指値を入れて株価の上
昇についていくように見張っていたのですが、
その間売れることなく本日の権利日を迎えて
しまったため、成行売りを行いました。

 オプテックスは、管理者の資産の中で足を
引っ張りぎみであったのですが、これで将来
の株価の下落に対するリスクが軽減しただけ
でなく、大きく利益を残すことができました。
posted by dark_matter at 23:29| Comment(0) | 取引履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

集団主義思想の代償


 どのテレビ番組かは忘れましたが、そこで
野田元総理が「インフレで喜ぶのは株や土地
を持っている人だけ、多くの人はそれらを持
っていない」という旨の発言をしていました。

 一見、株や土地を持っていない多くの人に
耳ざわりのいいことを言っているように聞こ
えます。しかし、株や土地を持っていない多
くの人を作り出しているのは、

・ 教育現場に集団主義教育を施して国民の
 論理的思考力を衰退させ、
・ ファイナンス教育をいまだ導入せず、
・ 奴隷労働の温床を作り上げて上記のこと
 を考える暇を与えさせない

政府の側です。よくもしゃあしゃあとそんな
ことが言えたものだと思いました。

 しかし、野田元総理の発言が真実だとすれ
ば、株や土地を持っていない「多くの人」に
は犠牲になっていただくしかないとも思いま
した。

 「多くの人」の多くはやはり集団主義思想
が染み付いていると予想できます。
 マイノリティ(少数派)に理不尽な仕打ちを
し、彼らに自己否定感や学習性無力感を植え
付け、彼らの未来を奪ってきたのでしょうか
ら…。
 それくらいの代償は受けて当然ということ
です。

 それが嫌なら早くからインフレ対策として
株や土地を持てばよかっただけの話です。
 それを行わなかったのは、彼らがマイノリ
ティによく投げかけるあの言葉―自己責任と
いう以外の何者でもありません。

 もっとも、彼らが投資の世界に入ってきた
としても、本能に従い、他人から奪うことし
か考えていないようなマインドセットでは、
長期に儲けることなど無理でしょうけど…。


posted by dark_matter at 09:48| Comment(0) | 個人主義と集団主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする